恋愛情報『「生理痛がひどい...」初デートで体調不良になったときの正解行動例』

2020年5月28日 20:20

「生理痛がひどい...」初デートで体調不良になったときの正解行動例

目次

・男性の気持ちは「元気なときにデートを思いっきり楽しみたい」
・キャンセル?延期?・・・言い方によっては嘘だと思われる
・残念な気持ちを相手にしっかり見せる!
「生理痛がひどい...」初デートで体調不良になったときの正解行動例


楽しみにしていた気になる男性との初デート。なのに、当日急に「風邪を引いてしまった」「生理痛が酷くて楽しめなさそう」などの体調不良になってしまったら?

男性の意見を聞いてみました。

■男性の気持ちは「元気なときにデートを思いっきり楽しみたい」

「以前、デート中すごく大人しい子がいて初対面の印象と違ってどうしたんだろうと思ったら風邪で熱があったらしいんです。そこまでして具合悪いのに無理に来てくれた気持ちは嬉しいですが体調が心配でデートが盛り上がりませんでした」(22歳/大学生)

「ゴホゴホ咳してるような子を口説けないですよ!体調不良で来てもらっても楽しめないと思うので、気にせず日をあらためてもらった方がこちらも嬉しいですね」(23歳/HP製作会社勤務)

「生理痛のことは男はよく分からないので、どう扱っていいのか困ってしまいますね。もし不機嫌に黙られたりするくらいなら会わないほうがお互いにとって良い気がします」(27歳/製薬会社勤務)

「体調が悪くてもデートに来てくれたほうが嬉しいか?」という質問に対して「イエス」と答えた方はさすがにいませんでした。むしろ、体調不良でデートに来られても心配だし対応に困る・・・・・・という意見がほとんど。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.