恋愛情報『男性に嫌がられず、トゲのない「どっちでもいいよ」の伝え方』

2020年5月29日 08:40

男性に嫌がられず、トゲのない「どっちでもいいよ」の伝え方

目次

・「どうでもいいわけじゃないから!」
・すっごく迷う
・「あなたが決めるのが一番」
・後で「大賛成!」とフォロー
・おわりに
男性に嫌がられず、トゲのない「どっちでもいいよ」の伝え方


デートのとき、ついつい「どっちでもいいよ」を使ってしまっていませんか?ご飯のお店を決めるときや、帰るかもうちょっと遊ぶか決めるときなどなど、優柔不断な女子が、このセリフを使ってしまいがちな場面はたくさんありますね。こんなとき、気をつけなければいけないのが「どうでもいいってことかよ・・・・・・」と思わせてしまうこと。

今回は、20代男子30人と一緒に「トゲのない「どっちでもいいよ」の伝え方」について考えてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■「どうでもいいわけじゃないから!」

「そのセリフを言うときに、ちゃんと「でも、別に興味ないって思ってるわけじゃないからね」って一言付け加えてくれることが大事だと思う」(大学院生/24歳)

要するに、他意はないんだと。本当に心から、「どっちでもいい」って思ってるだけで、「興味ないですー」なんてことはみじんも思ってないんだと。これをシンプルに伝えるだけでも、聞こえが良くなりますね、ずいぶんと。

■すっごく迷う

「さんざん迷った挙句の『どっちでもいいよ』なら、『本当に迷っちゃって、決められなかったんだな』ってことになるので、いいのではないかと思います」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.