2016年2月29日 13:01|ウーマンエキサイト

目と耳をリンクさせるためのトレーニングは、おすわりできた頃から始めよう!(後編)

子育ての達人
ライター
子育ての達人
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
前編では、赤ちゃんが1人でおすわりできるようになったタイミングで視覚と聴覚の両方を鍛えることの大切さを紹介しました。後編では、さらに具体的な遊びの事例を紹介しましょう。

目次

・赤ちゃんは、楽しみながら物事を学んでいきます
・赤ちゃんが物を下に落とす理由


赤ちゃんは手から離れた物が転がったり音を出したりするのが楽しくて仕方ない

© chihana - Fotolia.com


赤ちゃんは、楽しみながら物事を学んでいきます

赤ちゃん本人は視覚や聴覚のトレーニングを楽しい遊びとして捉えるため、ただ寝ているよりも「おすわりをして、またその楽しいことをしたい」という意欲が出て、おすわりをさせてくれるよう、おねだりをするようになってきます。こうなってきたら、楽しく脳のトレーニングを積んでもらって、役に立つ刺激をたくさん吸収してもらいましょう。

なお、トレーニングと書きましたが、赤ちゃん側からすると楽しくて仕方ない状態ですので「遊び」と認識していると考えられます。「無理にトレーニングさせる」というのではなく、遊びたいので遊ばせてあげる、という意味と捉えてください。

さて、赤ちゃんが意欲を見せ始めたら、ガラガラ(ラトル)や小さなボールなどを渡してみましょう。赤ちゃんの目の前に出してあげると、赤ちゃんは両手を出してそれをつかむ動作をするでしょう。初めのうちは両手でしかつかめませんが、ほどなく、両方の手で別々の物を1つずつつかむことができるようになってきます。
子育ての達人
子育ての達人の更新通知を受けよう!
確認中
子育ての達人
子育ての達人の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
子育ての達人
子育ての達人の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
子育ての達人
子育ての達人をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
子育ての達人
子育ての達人の更新通知が届きます!
フォロー中
子育ての達人
子育ての達人の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.