「ハーフバースデーの子連れ旅 IN ディープな関西 大阪編」 おかっぱちゃんの子育て奮闘日記 Vol.25 

2016年3月24日 07:15
 

Boojil(ブージル) ライター
Boojil(ブージル)


みなさん旅は好きだろうか? 実は、こどもができるまでのわたしは、女ひとりであっちこっち国内外を放浪していたほど根っからの旅好き。

これまで20カ国以上を旅して、特に好きな国はラオスとメキシコと、思えばローカルな場所で結構ハードな旅ばかりしてきた。

夫と結婚する前に、メキシコ、グアテマラ、ペルー、ボリビア、アルゼンチンまで半年にわたる留学を兼ねた旅を最後に、もうこれからはひとり旅でなく、誰かと共に旅しよう。この感動を誰かと共有したい。そう心に決めて帰国した。

それもあって、こどもが産まれても旅したい熱は冷める事なくふつふつと湧いて来る。

わたしは息子におっぱいをあげながら「あぁ~旅がしたい」とこぼし、ある日は、息子を寝かしつけながら「あぁ~旅したいな~」と、ぼんやり考えていた。



世間では、「母になったらすべてをこどもにために注ぐべし! 旅行!? 乳児を連れて? 病気になったらどうするの? どうせ覚えていないんだから、止めておけば?」という人も少なくないと思う。

申し訳ないが、旅はわたしの人生において、とてつもなく重要なポジションにある。仕事上、絶対的に必要なのだ。創作に旅の刺激は大きく影響する!

息子よ、ごめん。母さん、旅が好きなんだ…!

もうすぐ息子も生後6ヶ月になることだし、お祝いも兼ねて、初めて家族で旅行に出かけることにした。まだ離乳食もスタート前だし、1日おっぱいだけで済むのも今のうち。そうとすれば、出かけてみようじゃないの!

ちょうど紅葉の綺麗な秋。今回は3泊4日、友達がいる大阪、京都の旅へ出かける事にした。

子連れの旅は初めてだから、何かと荷物が多くなる。1つのスーツケースに荷物を詰め込む。
着替えに、防寒着、大量のオムツ、タオル類に、ベビーソープ、哺乳瓶にミルク…。スーツケースの半分がこども用品になってしまった。

早朝、自宅から羽田空港へ。今回は関空を利用した。夫にスーツケースを持ってもらい、わたしは息子を抱っこする。

機内でも息子はほとんど眠っていて、一安心。1時間半のフライトはなんてことなかった。想像していたよりも乳児を連れて旅する事はそんなに大変じゃなさそうだ。


新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.