2016年5月1日 06:00|ウーマンエキサイト

子どもと一緒に行事食 「立夏」を知ろう

目次

・子どもとの会話に、自然に旬の食材や行事食の話題を取り入れよう
・今年の立夏は2016年5月5日
・立夏の日には、何を食べる?
・そのほかの「立夏」前後の行事は?
発芽した新芽

© kazoka303030 - Fotolia.com


■子どもとの会話に、自然に旬の食材や行事食の話題を取り入れよう

突然ですが「二十四節気(にじゅうしせっき)」を知っていますか? 日本には四季があり、それを24等分して、約15日に1回訪れる節目の日に季節を表す名称をつけたもの、それが二十四節気です。正確な時計やカレンダーがなかった時代には、農作業の目安にしていたとも言われています。

現代は毎日が慌ただしく、あっという間に過ぎてしまうからこそ、四季の移り変わりを楽しむために、また子どもの食育に、二十四節気を日々の話題に挙げてみるとよいでしょう。

そして、節目の日には「旬食材を使って何か1品作ってみる」「子どもと行事について会話してみる」と決めてしまうのもよいかもしれません。
子どもにとっても、春夏秋冬それぞれの食材を味わったり、日本の行事の話を一緒にしたりすることで、自然と食の知識と理解を深めることにもつながります。

そこで今回は「立夏」について紹介しましょう。

■今年の立夏は2016年5月5日

5月に入ると、二十四節気では「立夏」の季節。2016年の立夏は「こどもの日」と重なっています。桜が終わり、一気に葉が育って新緑に。夏の気配が感じられ、ツツジ、菖蒲、藤が咲き始める頃でもあります。

初夏と混同しがちですが、初夏は6月に入ってからを指す言葉です。立夏は、すがすがしい風がちょうど心地良く感じる季節。田植えや種まきが始まり、秋の豊作を祈って「お田植え神事」「御田植祭」が行われたりします。
麻生怜菜
麻生怜菜の更新通知を受けよう!
確認中
麻生怜菜
麻生怜菜の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
麻生怜菜
麻生怜菜の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
麻生怜菜
麻生怜菜をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
麻生怜菜
麻生怜菜の更新通知が届きます!
フォロー中
麻生怜菜
麻生怜菜の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.