2016年8月11日 21:00|ウーマンエキサイト

「うちの子はすごい!」「誇りに思う」 子どもの自信につながるアメリカ式しつけ

日本では、他人の前で自分の子どもをほめると、まるで自慢のように思われがちです。しかし、アメリカでは正反対! 「うちの子はすごい!」「子どもを誇りに思う」と、子どもを絶賛しながらほめるのがあたりまえです。ほめて育てるアメリカ式しつけは、日本でも受け入れられるのでしょうか?

目次

・常に子どものよい部分を探す
・外で叱るときは控えめに


「うちの子はすごい!」「誇りに思う」 子どもの自信につながるアメリカ式しつけ

© Ermolaev Alexandr - Fotolia.com



■常に子どものよい部分を探す

アメリカでは、子どものよい部分を見つけてほめることを心がけている親がとても多いです。「うちの子はここがすごいのよ!」という話を堂々とします。一方日本では、わが子を人前でほめるなんて自慢しているようで恥ずかしい、と思っている人が多いようです。

もちろん他人からほめてもらったときも同じ。「ありがとう! そこがうちの子の素晴らしいところなのよ」と、ベタぼめです。謙遜することなんてありません。ほめて育てると、子どもは自信がつき、自分のことを誇らしく思うようになり、良い影響があるとされています。

学校でも同じ。先生は子どもたちをとてもよくほめます。あるとき、子どもを迎えに行くと、担任の先生から「今日は算数の時間に何度も手を挙げて積極的に取り組んでいたわよ!だから、プライズ(ごほうび)をあげました」とほめていただきました。

日本人の私から見ると全然大したことではないことでも、大げさなくらいほめてもらうことで、子どもも誇らしそうにしていました。しかし、甘いお菓子のごほうびを頻繁にいただくのは困りものです。
フレシュラスともみ
フレシュラスともみの更新通知を受けよう!
確認中
フレシュラスともみ
フレシュラスともみの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
フレシュラスともみ
フレシュラスともみの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
フレシュラスともみ
フレシュラスともみをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
フレシュラスともみ
フレシュラスともみの更新通知が届きます!
フォロー中
フレシュラスともみ
フレシュラスともみの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.