「ティッシュ箱が空っぽ! 1才児と過ごす部屋作り」 おかっぱちゃんの子育て奮闘日記 Vol.38 

2017年2月18日 08:00
 

Boojil(ブージル) ライター
Boojil(ブージル)


1歳を過ぎた息子もハイハイからようやくつかまり立ちができるようになり、ますます目が離せなくなってきた。

わが家の間取りは2階建の3LDK、仕事場、書斎の2部屋を抜かして、キッチンからリビング、寝室はすべて1フロアにある。仕切りもないので、息子はハイハイとつかまり立ちでどこまでも移動が可能になった。この成長は親のわたしたちにとって、とても喜ばしいことだけれど、その反面、息子から目が離せなくなってきた。

息子は部屋にあるものなら、なんでもおもちゃにしてしまう。戸棚に入っていたお皿も、収納しておいた鍋類や調味料、化粧品、洋服に下着、本などもすべて彼の手にかかればすべて遊び道具になる。おもちゃで遊んでくれればいいものの、そういうわけにいかない。これも成長の表れ…誰もが通過するポイントだろう!

夕飯の支度をしていたら、息子は部屋に置いてあったBOXティッシュからペーパーを出し始め、気づかぬうちに部屋が真っ白い紙の海と化していたり、部屋の隅に置いていたペン立てから油性ペンを取り出して、襖にぐるぐると絵を描いてしまったり……。

以前わたしがお小遣いをはたいて買った高級化粧水を引っ張り出し、顔に塗りたくっていたことも…!



「あそんじゃだめでしょ~!」と怒ったところで、1歳を過ぎたくらいではピタリと言うことを聞くはずもない。

ぐぐぐっと眉間に皺を寄せたところで、息子の顔を見ても「どうしたの?」と、悪気のないピカピカの笑顔を見せられれば「仕方ないか…」と、諦め、母は観念するしかなく、部屋の隅でいじけるしかないのである。

そんなことを繰り返しても、ストレスが溜まる一方…。このままではわが家は息子のテーマパークになってしまう。果たしてどうしたものか?

そこでわたしたちは、思い切って断捨離と、部屋を整理することにした。これから息子のおもちゃや服がたくさん増えていくだろうし、わが家に新しくスペースをつくらないと。

ひとまず、触ってほしくないものは押入れにしまい、危ないものは高い位置に移動することにした。

育児が始まってからというもの、なかなかまとまった時間がとれず整理整頓ができていなかったわが、掃除を始めたらいらないものが出るわ出るわ! 最近着ていない服、聞いていないCD、集めていた雑誌など 思い切ってドサッとゴミ袋へ。

なんとその数8袋! よくもまあ、こんなにいらないものと共に暮らしていたなあと自分にびっくりする。整理をしていたら、大事な写真などをまとめている引き出しから妊娠中のアルバムが出てきた。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.