週に一回だけでもいいから許して…! 夏休み中のママたちの切実な願い【21時30分からのパパ会 Vol.4】

2017年6月18日 05:00
 

幸 結文 ライター
幸 結文


6月に入ってくると梅雨のじめじめで心がどんよりしがちですけど、子どもを持つ共働き世帯としては、そろそろある足音が聞こえてくるのではないでしょうか? そう、“夏休みの足音”ですよ。まあ、夏休みについては共働きに限らず、小さなお子さんを持つ親御さんはみなさん恐れ慄いているかもしれません(笑)。

そう、学童保育を利用する共働きの親にとって、この長期休暇で何が一番大変かって、やっぱりお弁当作り。

「前回でキャラ弁=愛情のバロメーターという考え方はどうなの?」といったことを書いたのですが、もうひとつ思うことがあるんです。それは、いわゆるコンビニやスーパーをはじめとする業者さんのお弁当に対する世間一般のイメージ。もっと変わっていいんじゃないかって思うんですよ。



実はわが家のエリアの学童保育では、長期休暇中のお弁当は、ずっと親の手作りお弁当と決まっていました。でも、通わせるお父さんやお母さんたちが行政に働きかけて、いろいろと細かい取り決めはあってめんどうではあったのですが、お弁当業者さんにお弁当の発注をお願いすることが認められるようになったんです。

「夏休み中の約1ヶ月半、平日の毎日、お弁当を作り続けるのはやっぱり大変!」ということで、ずいぶん前から、行政に意見が上がっていたみたいなんです。これが、なかなか実現に至っていなかったんですが、行政サイドももう重い腰をあげないといけないところまできていたようで、実現することになったんです。

この長期休暇中の業者のお弁当の導入に際しての行政交渉に、僕は少し携わったんですけど、まず学童保育を利用している父母のみなさんにアンケートを取ったんです。そこでの集計結果がなかなか興味深かったんですよ。

お弁当を頼めるとなったら、当然、夏休みの全日に対応可能なのがまあベストですよね。ただ、交渉ごとはなんでもそうですけど、そうなるとは限らない。譲るところは譲ってたとえば週3日でどうでしょうとかなるわけで、アンケートには、希望の対応日数を聞く項目があったんです。

で、僕個人としては、頼むか頼まないかは別として、まあ保険としてとりあえずすべての日にお弁当を頼めることができたら気が楽でいいなと思って。迷わず、そこはいったんごり押しでも全日対応してくれと書こう……なんて思っちゃっていたわけです。

でも、いまの働くママ、謙虚すぎ。アンケートで一番目立ったのは、週1回でもいいからお弁当を頼めるとうれしいというなんとも控えめな意見だったんです。でも、ある意味たったの週1回でも許してほしいって、言われると切実さが伝わってきますよね。実際に、このママたちの思いが、最終的に行政を動かした理由のような気がするんです。


それと、もうひとつ目立った意見があったんですよ。それが、お弁当を作らないことに対するママたちの罪悪感。

「お弁当を作らないのは自分が育児に手を抜いてことになるんじゃないか」とか、「お昼に仕出し弁当を子どもに食べさせるのは不憫じゃないか」とか、「わたしのせいで、栄養バランスの悪い業者のお弁当を食べさせてしまうのではないか」とか、こういうママたちの意見がけっこうあったんです。

もう、僕からすると、ママたち、真面目過ぎる!

親の手作り弁当が当たり前。ごくたまに、たべられるお弁当屋さんのお弁当がごちそうに近い感覚のあった世代の自分としては、たとえ揚げ物だらけの仕出し弁当だとしてもそれはそれで、こういう弁当もあるんだと、子どもに理解させる、いい意味での社会勉強になると前向きに考えちゃうんですけど、食の安全や安心に意識の高いいまのママたちは到底そうは思えないみたい。業者のお弁当=害あり、のようなイメージが湧くみたいなんです。

それで、このママたちの週1回でいいという謙虚さ、作らないことに対する罪の意識を前にしたとき、はたと思ったんですよね。これって、お弁当屋さんのお弁当に対する世間のイメージが昔と今とであまり変わってないのでは?って。それが世のお母さんたちを苦しめているのでは?って。

確かにひと昔前のコンビニ弁当や仕出し弁当は、揚げ物だらけで油ギトギト、保存料や添加物が満載なんて当たり前でした。体にいいというより、おなかを満たす方に重きが置かれていたものが多かった。

いま考えたら、よく平気で食べていたなという代物も確かにありました(苦笑)。そのイメージっていまだに払拭されてませんよね。たとえば健康食品のテレビショッピングなどで、野菜不足とバランスの悪い食事の例で真っ先にあげられるのが仕出し弁当。もう、体に悪い食事の代名詞になっている。

でも、働いてるみなさん、もうわかっていると思いますが世の中、健康志向。いま、コンビニ弁当をみても、仕出し弁当を手に取ってみても、けっこう考えられていますよ。

もちろんガテン系の弁当も健在ですけど、こだわりの食材をつかったお弁当のほうがむしろ主流になっていたりする。野菜をふんだんにつかったお弁当もいっぱいある。昔と比べたら、雲泥の差ですよ。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.