夫婦喧嘩がほぼゼロの理由…を改めて考えてみた【笑いあり涙あり 男子3人育児 第27話】

tomekko
ライター (コミックライター)
tomekko
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

「俺をサンドバッグにしないでくれ。するなら俺は砂を抜く。」

名言出ました。
夫婦喧嘩がほぼゼロの理由…を改めて考えてみた【笑いあり涙あり 男子3人育児 第27話】
そう、夫婦喧嘩なんて、生活習慣の違いや価値観のズレなど、大概のことはお互いが冷静になって話し合い、相手の言い分を認めたり譲り合えばそこで解決するようなことばかり。

それを怒鳴りあいや冷戦状態まで持っていってしまうのは、実は別の(あるいはもっと根っこの)不満や個人的なイライラをぶつける相手が、1番気の許せる家族になってしまっているんですよね

それって無抵抗の相手を一方的に殴るのと同じくらいひどいことなんだと気付かされました。

実は、お世辞にも仲が良いとは言えない両親の元で育ち、結構大きくなるまでどこの家庭も夫婦は憎み合って常に喧嘩しているものだと思っていたワタシ。(今は平和です)

だから不満があれば口に出して喧嘩するしかないのだと思っていました。悪化はしても解決はしない実例を何度も目の当たりにしているのにね。

でも出産後、夫婦や家族のあり方について、子どもと親、両方の立場で考えるようになってみて…
夫婦喧嘩がほぼゼロの理由…を改めて考えてみた【笑いあり涙あり 男子3人育児 第27話】

わが子に、自分の幼少期と同じ目にあわせたくない。子どもたちにとって家がとびきり幸せで安心できる場所であってほしい、と思うようになりました。

そのためには、やっぱり無駄な夫婦喧嘩はしない方がいい。
毎日愛してるとか言わなくていいから(笑)できればバカなこと言っていつも笑いあっている姿を子どもたちに見せていたい。

他人なので、やっぱり一緒にいればそれなりに不満も出てきます。
じゃあどうしよう?どちらか一方が我慢しても長続きはしないし、とはいえ親しき仲にも礼儀あり。
だからワタシは…
tomekko
tomekkoの更新通知を受けよう!
確認中
tomekko
tomekkoの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
tomekko
tomekkoの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
tomekko
tomekkoをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
tomekko
tomekkoの更新通知が届きます!
フォロー中
tomekko
tomekkoの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.