読む専門だった私が「育児漫画」を書こうとしたキッカケ【ちょっ子さんちの育児あれこれ 第11話】

ちょっ子
ライター
ちょっ子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
ウーマンエキサイトの読者のみなさま、こんにちは。ちょっ子です。

今回は「私がコミックライターになるまで」というテーマで、私が漫画ブログを描き、こうして連載させていただくようになった経緯をお話ししたいと思います。

エッセイ育児漫画を書こうとしたキッカケは…

私は息子のきゃん太が生まれる前からイラストの仕事をしていました。
出産後は子育てをしながら仕事をこなす日々…。(私の住む街は待機児童が多く、きゃん太は保育園に入れなかったのです)
読む専門だった私が「育児漫画」を書こうとしたキッカケ【ちょっ子さんちの育児あれこれ 第11話】
育児と仕事に追われ、趣味など自分のための楽しみに使える時間はほとんどありませんでした。 

そんな日々を経て、ついにきゃん太が幼稚園に入園。
少しずつ手がかかることも減っていき、時間と気持ちにいくらか余裕ができたところで何か仕事以外で楽しいことがしたいと思うようになりました。
そこで考えたのが、日常を綴ったエッセイ漫画のようなものを描いてみようかということ。

昔からエッセイやエッセイ漫画を読むのが好きだったのですが、書こうとしたことはありませんでした。
それがここに来てなぜやってみたくなったかと言いますと…
読む専門だった私が「育児漫画」を書こうとしたキッカケ【ちょっ子さんちの育児あれこれ 第11話】
前から薄々、うちの息子、めちゃめちゃ面白いのではないか?と思っていたからです。記録したい。このオモロさを。文章だけじゃ追っつかない。
育児の記録は手帳にメモしたりはしていましたが、もうちょっと違う形で残してみたくなったのです。

こうして私は息子の様子をマンガに描き始め、どうせならブログを開設し公開することにしました。しかし夫に見せて感想を聞いてみると…。
読む専門だった私が「育児漫画」を書こうとしたキッカケ【ちょっ子さんちの育児あれこれ 第11話】
微妙な反応でした。

夫の反応は微妙だし当然アクセスも少ない。そんなスタートだったのですが、誰にも読まれなくても自分が楽しめればそれでいいかな、という思いであまり気にせず描き続けました。
ちょっ子
ちょっ子の更新通知を受けよう!
確認中
ちょっ子
ちょっ子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ちょっ子
ちょっ子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ちょっ子
ちょっ子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ちょっ子
ちょっ子の更新通知が届きます!
フォロー中
ちょっ子
ちょっ子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.