2019年11月15日 13:00|ウーマンエキサイト

重症化の恐れも…! 0歳6ヶ月の息子が「RSウィルス」で入院した話【今日もゆる育児日和 Vol.10】

中川マナ
ライター (コミックエッセイライター)
中川マナ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
ウーマンエキサイトをご覧のみなさま、こんにちは。中川マナです。
10月に一時帰国したとき、普段のセブに比べて空気が乾燥していることを感じました。これから寒くなっていくにつれ、風邪が流行りはじめますよね。

今回は息子が生後6ヶ月のときにRSウイルスにかかってしまったときのお話です。

■娘の保育園で流行る「RSウイルス」にヒヤヒヤ

掲示板にRSウィルス流行中との貼り紙が…!
当時、息子0才6ヶ月。娘は3才になったばかり。私たちはまだ日本にいて、娘は保育園に通っていました。ちょうど11月頃だったのですが、保育園のお知らせ欄にはRSウイルスの感染者が出ているという張り紙が。

気がかりではあるものの、息子を連れての毎日のお迎え。鼻水の出ている子や、咳をしている子を見かけると神経質になりましたが、予防以外にはできることがなく…。

そんなある日、娘が風邪をひきました。

ドキッとしましたが、微熱程度で、1日お休みしたら回復。

よかった~、と安心して保育園に送り出した翌週、息子が発熱します。

娘の回復後、しばらくして息子が初めての発熱…!

■気をつけていたものの、やっぱり感染…

かかりつけの病院に連れて行くと、診察で呼吸を聞いたのちすぐ検査をしてくれました。風邪かな…?と思ったけれど診断結果は「RSウイルス」

「0才児でRSウイルスにかかると重症化しやすいので、入院も視野に入れて様子を見ましょう」という先生の言葉にショックを受けつつ、その日は病院で吸入を行い薬を処方されて帰宅します。

先生から「この月齢は急変することがあって、呼吸器のことは命に関わるから」と連日連れてくるよう言われ、毎日診察に行きました。

次の日にはレンタル吸入器を渡され、朝夕に自宅での吸入を指示されました。

30分の吸入は嫌がられて無理すぎる~!!

小型の吸入器は勢いがないため処置に時間がかかり…、嫌がられてまいりました。

■目の不自由な夫と3才の娘を残し…息子入院

息子はもともと穏やかな赤ちゃんで、RSウイルスにかかってもさほどグズることはありませんでした。

しかし、次第に胸とお腹が大きく上下するような呼吸になり…。

息子の呼吸が苦しそうになり、入院へ…

RSウイルスと言われて3日目、ついにかかりつけの先生に「紹介状を書くのですぐ入院の準備をしてください」と言われてしまいました。

夫は目が不自由で、娘は3才になったばかり。実は9月に娘が1週間ほど入院して、そのとき本当に大変だったので、できれば入院は避けたかったのですが…。
中川マナ
中川マナの更新通知を受けよう!
確認中
中川マナ
中川マナの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
中川マナ
中川マナの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
中川マナ
中川マナをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
中川マナ
中川マナの更新通知が届きます!
フォロー中
中川マナ
中川マナの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.