2019年12月5日 09:00|ウーマンエキサイト

本当は姉が大好きな息子 なかなか素直になれず、ついに泣き出してしまい…!?【うちの家族、個性の塊です Vol.19】

SAKURA
ライター
SAKURA
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
うちの家族、個性の塊です

うちの家族、個性の塊です

夫と、娘(8歳)と、息子(3歳)の4人家族。広汎性発達障害と診断された長女と、夫、息子、私たち家族の面白おかしい日々を綴るコミックエッセイ。笑いとネタの絶えない毎日です。

家でケンカばかりの、わが家の子どもたち。

3歳の息子は普段、小学三年生の娘に対してわがままばかりです。何かと姉に突っかかっていきます。

本当は姉が大好きな息子 なかなか素直になれず、ついに泣き出してしまい…!?【うちの家族、個性の塊です Vol.19】
もっと仲良くできないのか~! と、親として頭を抱えることも多いです。そんな娘と息子と一緒に公園へ行ったときの話です。

その日、公園の広場で、偶然、娘と同じクラスの子に会いました。

■姉と遊びたいとうったえてきた息子

本当は姉が大好きな息子 なかなか素直になれず、ついに泣き出してしまい…!?【うちの家族、個性の塊です Vol.19】
娘はうれしそうに友だちに駆け寄り、一緒に遊び始めました。

それをじっと見つめる息子。

そして、いつもでは考えられないほどの小さい声で「姉と遊びたい」とうったえてきました。

本当は姉が大好きな息子 なかなか素直になれず、ついに泣き出してしまい…!?【うちの家族、個性の塊です Vol.19】
「一緒に遊ぼうって言ったら?」と言っても「やだぁ…ママがいって…」ともじもじ。

仕方なく、息子の手を引き、娘の所へ連れていきました。

本当は姉が大好きな息子 なかなか素直になれず、ついに泣き出してしまい…!?【うちの家族、個性の塊です Vol.19】
「一緒に遊んであげて」と頼むと、娘は「いいよ、おいで~」と息子を呼びました。

娘の近くに寄っていった息子でしたが、なかなか輪に入れず、その場で立っているだけ。

娘は友だちとの遊びに夢中です。
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
SAKURA
SAKURAをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
SAKURA
SAKURAの更新通知が届きます!
フォロー中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.