2020年3月5日 09:00|ウーマンエキサイト

忙しい朝のイライラをなくすため、私が実行している「穏やかな朝を過ごす」シンプルな方法【うちの家族、個性の塊です Vol.31】

SAKURA
ライター
SAKURA
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
うちの家族、個性の塊です

うちの家族、個性の塊です

夫と、娘(8歳)と、息子(3歳)の4人家族。広汎性発達障害と診断された長女と、夫、息子、私たち家族の面白おかしい日々を綴るコミックエッセイ。笑いとネタの絶えない毎日です。

朝は、お母さんたちにとって、まさに戦場。

時間を気にしながら、マイペースな子どもたちの支度に振り回される方も多いのではないでしょうか。

わが家の朝も、毎日バタバタです。

■どうにかして余裕のある朝を送りたいと考えた

忙しい朝のイライラをなくすため、私が実行している「穏やかな朝を過ごす」シンプルな方法【うちの家族、個性の塊です Vol.31】
登校時間が早い娘と、登園時間に余裕がある息子を一緒に送らなければならないので、息子を急かしつつ、娘の準備を確認し、部屋を片づけ、自分の準備をしています。

座って朝ごはん、なんて食べることができません。

さらに、甘えん坊な息子は、朝ごはんを食べるとき、私を隣に呼びます。

どうにかして余裕のある朝を送りたいと考えた
しかし、やることが山積みな私には、隣に座ってあげる余裕がありません。

甘えん坊な息子は、朝ごはんを食べるとき、私を隣に呼びます
断るたびに罪悪感がおそい、これからやらなければいけないことを考えると、イライラも止まりません。

そんな朝に疲れた私は、どうにかして余裕のある朝を送りたいと考えました。

しかし、夜遅くまで仕事をしていて睡眠時間も短い旦那や、睡眠をなるべく多くとらせてあげたい子どもたちを、早く起こすことはできません。

そこで自分だけ、いつもより30分早く起きることにしました。
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
SAKURA
SAKURAをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
SAKURA
SAKURAの更新通知が届きます!
フォロー中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.