子育て情報『シャツは難しいと思ってない?1枚でもっと広がる着こなし方』

2019年10月16日 17:30

シャツは難しいと思ってない?1枚でもっと広がる着こなし方

10月になり肌寒い日も増えてきました。毎朝子どもの食事や身じたくなど、バタバタする中で、ママ自身の服装を選ぶのって結構大変ですよね。
中でも今のような季節の変わり目は、天気に左右されるだけでなく、完全に衣替えするにはまだ早いかと迷う時期。送り迎えだけの予定の日も、先生やママ友にも会うため、あまり適当にするのもチョット…。

そんな今の時期に大活躍するのが、「シャツ」です。

目次

・まずはシャツのタイプをチェック
・シンプルに。でも少しのコツで印象チェンジ!
・オンするアイテムで印象チェンジ!
・親子でも楽しめるのもシャツの魅力♪

ただ、意外と着こなしや着まわしが難しいと感じている方も多いよう。そこで、シャツを使った今の時期にぴったりな着方を紹介したいと思います。

まずはシャツのタイプをチェック

「シャツ」とひとくちに言っても、色々なデザインや素材など、選ぶポイントがたくさんあります。

【シルエット】
いわゆるワイシャツタイプのベーシックなものから、近年流行りの抜き襟ができるようなゆったりしたデザインで、ドロップショルダーになっているもの。シャツジャケットのようなものや、前ボタンのシャツワンピースもシャツの仲間です。
【丈】
ウエストあたりまでのジャスト丈、膝上あたりまでのチュニック丈、くるぶしあたりまであるロング丈。
【生地】
柄は無地、チェック、ストライプ、ドット。素材は、綿、リネン、ネルシャツ素材、デニム素材、コーデュロイなど。

これらを掛け合わせるとかなりのパターンがありますが、自分の好みのシャツを数枚(1枚でもじゅうぶん!)持っているだけで、かなりコーディネートの幅が広がります。

シンプルに。でも少しのコツで印象チェンジ!

シャツは前にボタンがついている点が最大の魅力! 前を閉じる、開けて羽織る。この2パターン以外にも、まだまだ印象を変える着方があります。
下の写真はすべて同じシャツとデニムを使い、シャツの着方のみを変えています。

シャツは難しいと思ってない?1枚でもっと広がる着こなし方


前を閉じて着る場合、すそをシンプルにそのまま出して着る、ボトムにインする際、前だけイン(写真左)、すべてインするパターンも。
すそをクロスしてウエストへキュッと差し込めば、即席カシュクールの完成(写真中)。
アシンメトリーが流行っているので、片側のすそのみインして、もう片側は出すといったような大胆なアレンジも今年はありです(写真右)。ほかにもボタンをわざとかけ違えることで、片側の肩出しをするといった少し攻めた着方もできます。

オンするアイテムで印象チェンジ!

シンプルに着るだけでもかなり着まわすことが可能なシャツですが、合わせるアイテムによってさらにコーディネートが広がります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.