子育て情報『あと伸びにつながる「学習習慣」――自ら机に向かう子の親がしている5つのこと』

2019年2月14日 10:19

あと伸びにつながる「学習習慣」――自ら机に向かう子の親がしている5つのこと

目次

・幼少期から生活の中に「机に向かう時間」をつくる
・集中できる環境づくりと机に向かう習慣づけのポイント
・いちばんのお手本は「親が学んでいる姿」
あと伸びにつながる「学習習慣」――自ら机に向かう子の親がしている5つのこと

小学校に入学してすぐの頃は、学習内容を先取りしている子のほうが「賢い」と思われがちです。ですが、高学年になって学習の難易度が上がってきたとき、実際に伸びるのは「自ら机に向かう」ことができる子だそう。

机に向かって勉強する習慣がついている子は、机の上の教材に関心をもち、課題が終わるまで取り組む集中力が養われます。すると勉強がどんどん理解できるようになり、さらに勉強が好きになるという相乗効果を生むのだとか。

幼少期から生活の中に「机に向かう時間」をつくる

机に向かう習慣づけをするには、やはり幼いうちから親が土台づくりをしてあげるのがいいようです。

『最強の働き方』の著者であるムーギー・キム氏との共著に『一流の育て方 ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる』がある、ファミリー・コラムニストのミセス・パンプキン氏は、「勉強嫌いな子でも幼少期に学習習慣を身につけてやることは、どの時期よりもたやすい」と言います。

歯を磨くのと同じように、机に向かう時間を生活リズムに組み入れることができれば、「その後は放っておいても、その学習習慣が子どもを導いてくれる」とも。

また、灘中学校・灘高等学校校長の和田孫博先生が推薦する『どこまでも伸びていく子どもに育てる』の中でも、「学習の習慣化」について以下のような記述があります。


生活のリズムにも気を配り、できるだけ無理のない形で机につけるようにする。そうすることで、机に向かうことへの気持ちの抵抗を小さくできます。また、机についたときに、スッと課題に向かえます。

(引用元:鶴田秀樹坂元京子(2008) ,『どこまでも伸びていく子どもに育てる』,実務教育出版.)

では、その習慣をどのように身につけさせてあげればよいのでしょう。

この本の著者であり、京大医学部、京大法学部、東大理科一類に進学した3人兄弟を育て上げた坂元京子さんは、子どもが幼稚園年中の頃、週に1時間、同じ曜日の同じ時間に机の前に座ることから始めたそう。

またミセス・パンプキン氏は、息子たちが小学生の頃はいくら言っても自分だけでは勉強しなかったので、夕食前の1時間を母子一緒に勉強する時間と決めて、その時間はどんな都合が生じようとも勉強時間にしたのだとか。
あと伸びにつながる「学習習慣」――自ら机に向かう子の親がしている5つのこと


集中できる環境づくりと机に向かう習慣づけのポイント

とはいえ、机や床の上におもちゃが転がっていたり、目の前に賑やかなテレビ番組が写っているような状態では、大人でも集中することができません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.