子育て情報『ワールドカップに「イギリス代表」がいないのはなぜ?』

2022年5月13日 19:00

ワールドカップに「イギリス代表」がいないのはなぜ?

ワールドカップイヤーの2022年、サッカーを通して世界の国々の歴史や文化を学んでみませんか?

そのきっかけとなるのが、『親子で学ぶサッカー世界図鑑 』シリーズです。子どもたちが大好きなサッカーに日々触れている中で出てくる「なぜ?」を調べてみると、実はそこからさまざまな"学び"を得ることができます。

今回は2月に発行された『親子で学ぶサッカー世界図鑑 イングランド編』から、「サッカーの起源」について抜粋して紹介します。

最初は「危険な祭り」だった?サッカーの母国イングランドの歴史から紐解く「紳士のスポーツ」としてのサッカーの起源

■ユニオンジャックの秘密

目次

・ユニオンジャックの秘密
・FIFAよりも4協会のほうが歴史が長い!
ワールドカップに「イギリス代表」がいないのはなぜ?


「サッカーの母国」と言われるイングランドは、実は"イギリスという国のなかにあるもう一つの国"です。

イギリスの正式な国名は『グレートブリテン及び北アイルランド連合王国』。長くて難しい名前だけど「連合王国」がキーワード。

一番大きく、イギリスの首都ロンドンがある『イングランド』、その上にある『スコットランド』と西の『ウェールズ』、そして隣の島国アイルランドの北部『北アイルランド』の4つの国が一緒になって連合王国を構成しています。

『連合王国』なので、国旗も連合デザインです。イングランド、スコットランド、北アイルランドの旗を合わせると、イギリスの国旗「ユニオンジャック」が浮かび上がってきます。

ウェールズの国旗だけ組み合わされていないのは、最初のユニオンジャックができた1606年のずっと前、13世紀には、もうウェールズはイングランドの一部とみなされていたから。

旗の歴史に国の歴史あり、ですね。

大好きなサッカーを通じて世界を学ぼう!
大人も子どもも楽しめるサッカー図鑑>>

■FIFAよりも4協会のほうが歴史が長い!

ワールドカップに「イギリス代表」がいないのはなぜ?


イングランドでサッカー協会が設立され、現代サッカーのルールが定められたのは1863年のこと。

その後1873年にスコットランド、1876年にウェールズ、北アイルランドが1880年にサッカー協会を設立しました。

ときを同じくして、産業革命の流れに乗ってサッカーが世界中に広まっていき、1904年に世界のサッカーをとりまとめる国際サッカー連盟(FIFA)ができましたが、前述のようにイギリスの4協会のほうが設立はずっと早かったのです。FIFAに加盟できるのは1国1協会が原則ですが、イギリスの4協会にはすでに立派な歴史があったこと、そしてサッカー発祥の国であることから、特別に1国4協会でのFIFA加入が認められました。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.