子育て情報『大分市内で電動キックボードシェアリングサービスの実証実験』

2021年12月6日 14:00

大分市内で電動キックボードシェアリングサービスの実証実験

株式会社オートバックスセブン(代表取締役 社長執行役員:小林喜夫巳)は、大分県(知事:広瀬勝貞)の次世代モビリティサービス導入推進事業を受託し、「多様な移動手段の提供による移動活性化」に向けた実証実験として、2021年12月6日(月)より、大分市大在地区にて「電動キックボードシェアリングサービスの実証実験」を実施いたします。
大分市内で電動キックボードシェアリングサービスの実証実験


ここがポイント!
■ 大分県の次世代モビリティサービス導入推進事業を受託し「電動キックボードシェアリングサービスの実証実験」を実施します。
■ 電動キックボードを活用し、ラストワンマイル問題の解決や公共交通機関の利用促進につながるかどうかの検証をします。
■「モビリティ×シェアリングサービス」で持続的なサービスの導入および新たな経済価値の創出を目指します。

大分市内で電動キックボードシェアリングサービスの実証実験


本実証実験は、大分県と協力し、日本文理大学の学生を対象に大分市大在地区を実証フィールドとしました。大在駅から日本文理大学の間は公共交通の運行がないため、学生は大学が運行するスクールバスを利用しています。新型コロナウイルス感染対策として、パーソナルモビリティの移動ニーズもあり、日本文理大学の学生の通学手段の確保と、電動キックボードという新たな移動手段のシェアリングサービスにより、ラストワンマイル問題の解決や公共交通機関の利用促進、地域の活性化につなげることを目的とします。
実証期間は、12月6日(月)~12月24日(金)とし、glafit株式会社製の「X-SCOOTER LOM(クロススクーターロム)」の電動キックボードを、大在駅と日本文理大学内の駐輪スペースに計10台設置し、15名の学生を対象に実験します。参加者はスマートフォンの専用アプリから、電動キックボードの位置情報やバッテリー残量の確認ができます。アプリから予約でき、使用の際はアプリから車体の電源を入れ、運転が可能となります。「X-SCOOTER LOM(クロススクーターロム)」の電動キックボードは、第一種原動機付自転車で公道の走行可能です。
公共交通機関(駅やバス停)と目的地までをつなぐ移動手段として電動キックボードを活用できるか、またラストワンマイル問題の解決や公共交通機関の利用促進につながるのかなどを検証します。
大分市内で電動キックボードシェアリングサービスの実証実験


<実証実験概要>

■期間:2021年12月6日(月)~2021年12月24日(金)

■時間:7:00~19:00

■実証実験エリア:大在駅から日本文理大学近辺

■実験参加者:日本文理大学 学生15名(事前に交通安全の講習、試乗による実技講習を受講)

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.