くらし情報『<卵巣のう腫体験談>「えっ、脱ぐの? 」恥ずかしすぎる!検診へ行ったらまさかの展開に…』

2022年6月11日 11:00

<卵巣のう腫体験談>「えっ、脱ぐの? 」恥ずかしすぎる!検診へ行ったらまさかの展開に…

普段はイラストレーターとして活動している町田ねねこさん。今回ご紹介するのは、卵巣のう腫が見つかってから入院に至るまでのねねこさんの体験談をマンガ化したものです。子宮頸がんの検診を受けることを決意し、検診の予約をしたねねこさん。

検診当日、ねねこさんを待ち受けていた恥ずかしすぎる展開とは……!?

検診当日、病院へ行くと…

「えっ、脱ぐの? 」恥ずかしすぎる!検診へ行ったらまさかの展開に… # 卵巣のう腫赤裸々レポ 2


「えっ、脱ぐの? 」恥ずかしすぎる!検診へ行ったらまさかの展開に… # 卵巣のう腫赤裸々レポ 2


「えっ、脱ぐの? 」恥ずかしすぎる!検診へ行ったらまさかの展開に… # 卵巣のう腫赤裸々レポ 2


「えっ、脱ぐの? 」恥ずかしすぎる!検診へ行ったらまさかの展開に… # 卵巣のう腫赤裸々レポ 2


「えっ、脱ぐの? 」恥ずかしすぎる!検診へ行ったらまさかの展開に… # 卵巣のう腫赤裸々レポ 2


「えっ、脱ぐの? 」恥ずかしすぎる!検診へ行ったらまさかの展開に… # 卵巣のう腫赤裸々レポ 2


「えっ、脱ぐの? 」恥ずかしすぎる!検診へ行ったらまさかの展開に… # 卵巣のう腫赤裸々レポ 2


※施設によっては「タオルをかけてください」と言わなくても、タオルをかけてくれる場合があります。

「えっ、脱ぐの? 」恥ずかしすぎる!検診へ行ったらまさかの展開に… # 卵巣のう腫赤裸々レポ 2


子宮頸がんの検診の予約をし、ついに検診当日を迎えたねねこさん。緊張しながらも、お医者さんに生理痛があることを話すと、子宮頸がん検診と一緒に超音波での検査も受けてはどうかと提案されました。言われるがまま超音波の検査も受けることにしましたが、お医者さんから「カーテンの向こうでストッキングとパンツを脱いでください」と言われて……。

検査のために服を脱ぐことは想像していたねねこさんでしたが、いざそのときがくると「恥ずかしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.