くらし情報『<卵巣のう腫体験談>「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!?』

2022年6月13日 11:00

<卵巣のう腫体験談>「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!?

普段はイラストレーターとして活動している町田ねねこさん。今回ご紹介するのは、卵巣のう腫が見つかってから入院に至るまでのねねこさんの体験談をマンガ化したものです。

子宮頸がんの検診当日、検査のために服を脱いだねねこさんがカーテンを開けると目の前にあったのはまさかのアレでした。検査がスタートしますが、お医者さんの反応がおかしくなって……!?

お医者さんが見つけたのは…?

「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 3


「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 3


「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 3


「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 3


「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 3


「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 3


「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 3


「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 3


「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 3


「不安すぎ」子宮頸がん検診で、医師の反応に異変が…!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 3


子宮頸がんの検診の当日を迎えたねねこさん。検査のためにストッキングとパンツを脱ぎ、カーテンを開けると目の前にあったのは、診察用の椅子。ねねこさんは「この椅子、股が開かれるやつじゃん……」とすぐにイメージが浮かびました。ドキドキしながら椅子に座り、検査がスタート!

初めての感覚に戸惑いながら、検査を受けていると、モニターを確認しているお医者さんから突然「あれっ?」という言葉が……。すぐに状況を説明をしてくれないお医者さんにねねこさんの不安は募るばかり……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.