くらし情報『<子宮を全摘出>「どうしよう」子宮全摘への不安、友人に相談すると…?』

2022年6月25日 11:00

<子宮を全摘出>「どうしよう」子宮全摘への不安、友人に相談すると…?

普段は、フリーランスライターとして情報誌や企業会員誌などの記事制作をしている仁田茜さん。仁田さんは、子宮筋腫に起因する「過多月経」に悩まされ、26歳のときに子宮筋腫摘出手術、41歳のときに子宮全摘出手術を受けました。今回ご紹介するのは、仁田さんが経験された子宮全摘手術に至るまでのお話です。

26歳で筋腫を摘出後、特に問題なく過ごしていたものの、35歳を過ぎたころに再び筋腫ができ始めました。かかりつけ医の提案で、総合病院の婦人科を受診した仁田さん。そこで出会ったノリのいい男性医師に「子宮全摘出」を勧められ、あまりに急な提案にびっくり……。帰宅後も不安でいっぱいの仁田さんは、婦人科の女性医師である友人に相談をしたのですが……!?

友人の答えは

「どうしよう」子宮全摘への不安、友人に相談すると…? #子宮全摘手術 4


「どうしよう」子宮全摘への不安、友人に相談すると…? #子宮全摘手術 4


「どうしよう」子宮全摘への不安、友人に相談すると…? #子宮全摘手術 4


「どうしよう」子宮全摘への不安、友人に相談すると…? #子宮全摘手術 4


「どうしよう」子宮全摘への不安、友人に相談すると…? #子宮全摘手術 4


「どうしよう」子宮全摘への不安、友人に相談すると…? #子宮全摘手術 4


「どうしよう」子宮全摘への不安、友人に相談すると…? #子宮全摘手術 4


病院から帰宅後も、仁田さんは「子宮全摘出」のことが頭から離れません。そして、それを提案してきた医師についても「あんな若い先生で大丈夫なのかな……?」と不安に。そこで、仁田さんは、知り合いの婦人科の女性医師Yちゃんに聞いてみようとさっそく電話をかけたのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.