くらし情報『庵野秀明×樋口真嗣『シン・ウルトラマン』デザイン解禁!斎藤工「自然な生命体」』

2019年12月14日 14:37

庵野秀明×樋口真嗣『シン・ウルトラマン』デザイン解禁!斎藤工「自然な生命体」

Photo by cinemacafe.net

円谷プロダクションが開催する「TSUBURAYA CONVENTION 2019」のオープニングセレモニーが12月14日(土)、メイン会場となる東京・文京区のTOKYO DOME CITY HALLで行われ、2021年公開予定の『シン・ウルトラマン』に登場するウルトラマンのデザインが解禁された。

斎藤さん、開口一番「足が長い!」

『シン・ゴジラ』が第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか主要7部門を制覇した庵野秀明監督が企画・脚本を務め、樋口真嗣監督がメガホンをとる本作。「ウルトラマン」の企画発想、原点に立ちかえりながら、“未だ誰も見たことのないウルトラマン”が存在する世界の体験を構築していく。

この日は樋口監督と、主人公の“ウルトラマンになる男”を演じる斎藤工が出席した。「まさかウルトラマンに変身する人生とは思っていなかった。壁ドンとかしてきた人間なので(笑)」と語る斎藤さんは、自身が変身するウルトラマンのデザインを目の当たりにし、開口一番「足が長い!」。さらに「美しさがありますよね。ずっと見ていられる、自然な生命体という気がします」と声を弾ませる。樋口監督は「庵野の思いを結集し、庵野が望んでいるもの、見たいもの、作りたいものを徹底的に集めて、この形になった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.