2016年5月30日 19:00|ウーマンエキサイト

誤解していない? “夫婦の距離感”を見直してみよう【ダンナのトリセツ 第5回】

小高千枝
専門家
小高千枝
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは。心理カウンセラーの小高千枝です。

カウンセリングを受けに来られるクライエントさまや、日常で出会うご夫婦、みなさんを拝見させていただいていると「このご主人には、この奥さまだ」と、人と人との出会いや、めぐりあいがとても運命的だと感じることが多々あります。

はにかみあう夫婦

(c) UBER IMAGES - Fotolia.com



そんなご夫婦は、お互いへの歩み寄り方もおふたりならでは。

夫婦におけるあり方に“正解”というものはありません。それぞれの夫婦によって違います。

人と比べたり、他人の意見に左右されたりするものでもなく、お互いに夫として妻としてどうありたいか? どうあるべきか? をみつめていくことが大切なのです。

■私的自己意識の中での夫婦関係

わたしたち人間は、公的自己意識と私的自己意識のバランスが大切だといわれています。
公的自己意識…他者評価を気にする意識
私的自己意識…自分自身がどう在りたいかを重視する意識


社会生活では、臨機応変に意識のコントロールをする必要性があります。

夫婦関係も同じように「自分たちとしてどうありたいか?」と私的自己意識を重視しながら、世間とのバランスをとっていくことが大切。

とはいえご主人の社会的立場に、考えが左右されることもあると思います。

もちろん、そういった社会的な顔を優先することを前提に置きながら、夫婦としてのあり方をそこに反映していきましょう。

妻としてのポジションだけでの私的自己意識ではなく、“夫婦”としての私的自己意識を再認識してみてくださいね。
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
確認中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
小高千枝
小高千枝をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
小高千枝
小高千枝の更新通知が届きます!
フォロー中
小高千枝
小高千枝の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.