やさしいママのヒミツ

さまざまな分野で活躍する多忙なママたちに、「やさしいママ」でいるための秘訣を伺いました。子育てで心がけていることや、暮らしへのこだわり、欠かせない愛用アイテムもご紹介します。

特集へ戻る

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん

[PR]


沖縄ならではの外人住宅での暮らし

憧れの外人住宅に暮らすセソコさん。人気の高い外人住宅を見つけるまで、1年近くかかったのだとか。

「妻はパンを焼くのが好きで、僕は編集の仕事をしつつ、週末だけお店ができたらという思いで外人住宅を探しました。業務用オーブンもあるのですが、子どもも生まれて僕の仕事も忙しいこともあって、まだ実現できていません。いつかできたらいいですね」

素敵な造りの外人住宅ですが、沖縄ならではの大変なこともあるそう。

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
最初に作ったDIYは、洗面所にあるタオル収納。

「沖縄はのんびりしているから、大工さんが全然来てくれなくて1年くらい待ちましたね。長男が生まれるギリギリで、ようやくリビングの床を貼ってもらえました。寝室と仕事場はもともとのタイルのままですが、地面にコンクリートを敷いているだけなので、底冷えするんです。ざっくりとした作りなので、カウンターや下駄箱を作りましたが、あとは暮らしながら少しずつ手を加えています」

床が濡れるほど湿気が多いのも、沖縄暮らしで大変なことのひとつ。

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
カゴ類はカビ対策に、ダイニングテーブルの上に設置した網に収納。

「換気扇や除湿機がずっと動いていますね。入居した当初は、屋根に断熱ペンキを塗っていなかったからすごく暑くて、夕方でも室内温度は39度。立っているとのぼせるくらい暑かったから、植物がことごとく枯れてしまいました。木のカトラリーなどはすぐにカビが生えてしまうので、しっかり乾かしてからしまうようにしています。

それから洗濯しても、カラッとした感じには仕上がらないのも悩み。すごく晴れていても突然のスコールが多く、紫外線が強すぎてすぐに色あせてしまうんです。物干しに大きな屋根が付いている家も多いですが、うちには付いていないので、室内干しにしています。だからすっきり洗えなくて、生乾きの臭いが気になっていました」

そんな島ならではの自然環境ともうまく付き合いながら、沖縄での暮らしのいいところも悪いところも経験してきたセソコさんに、サラヤの洗剤「ヤシノミシリーズ」を試していただきました。

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
「サラヤ」のヤシノミシリーズ。左から「ヤシノミ柔軟剤」、「ヤシノミ洗たく洗剤」、食器用の「ヤシノミ洗剤」。1971年の誕生以来、洗浄には不要なものを入れない“無香料・無着色”にこだわった、環境にやさしい植物系洗剤です。

毎日のお皿洗いを担当しているというセソコさん。これまでの洗剤選びも自然にやさしいものにこだわっていたと言います。

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
「妻が手荒れをするので、肌にやさしいもの、環境にもいいものを選んできました。今回ヤシノミ洗剤を使ってみて、泡立ちが悪いとか汚れが落ちにくいというのは全然感じず、むしろこんなに落ちるのに環境にもいいんだと驚きました。妻も、一般的な合成洗剤は1回使うだけで手がガジガジになってしまうのですが、そういうことはなくなったようです」

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
洗浄成分の濃度を16%にすることにより、手肌へのやさしさと洗浄力を実現。洗ったあとの排水は、微生物によって分解され、地球に還ります。「ヤシノミ洗剤」本体(ポンプ付き500ml/400円)、詰め替え(480ml/270円)

古い家のため下水が詰まりやすく、もともと洗う前には必ず汚れをキッチンペーパーやスケッパーで取って、できるだけ排水に流さないようにしているそう。そんな日々の積み重ねが、排水への負担の軽減にも繋がります。

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
油汚れはキッチンペーパーなどで汚れを拭き取ってから洗う、ヤシノミ洗剤を入れてため置きしてから洗う。汚れが落ちやすくなり、洗剤や水の節約になります。

洗濯は奥様の絵美子さんの担当。ヤシノミ洗たく洗剤を使ってみて、洗濯の悩みは解決できたでしょうか?

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
「これまではセスキ炭酸ソーダと洗たく石鹸を併用していたので、子どもたちの食べこぼしには長時間つけおきをするのが大変だったのですが、やっぱり楽ですね。きちんと汚れも落ちるので、家事の負担が全然違います。

また、無香料のものは逆に“家のにおい”が付いてしまうのではと抵抗があったのですが、使ってみたら室内干しのにおいも気になりませんでした。環境にいいものをと頑張ってきましたが、ヤシノミ洗たく洗剤は汚れ落ちも満足。排水も地球に還るので、今後も使い続けたいです」(絵美子さん)

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
左:ヤシの実由来の植物性洗浄成分ツインパワーノニオンが油汚れに浸透し、少ない洗剤料でもしっかり落とします。また臭いの原因となる菌を99.9%除去し、洗濯後の生乾き臭を残しません。「ヤシノミ洗たく洗剤」(600ml/オープン価格)
右:合成香料は一切無配合。香りが混ざる心配もありません。「ヤシノミ柔軟剤」(600ml/オープン価格)

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
ヤシノミシリーズは、環境と人権に配慮して生産された認証植物油を採用。原料の生産地、マレーシア・ボルネオ島の環境保全活動にも取り組んでいます。

セソコさんも、サラヤの環境に対する取り組みに共感するといいます。

「自然の中で暮らしていることもあるし、子どもたちにできるだけいい環境を残していけるように、心地よくできる範囲で続けていきたい。自分がいる世界だけじゃなく、その先のことに視野を広げるきっかけになるヤシノミシリーズが、暮らしのなかにあるのはいいことだなと思います」

沖縄でのおおらかな子育て

沖縄は子どもが4、5人いる家庭も少なくないほど、子だくさん。実際に子育てもしやすいのだといいます。

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
友人である陶芸家「香月舎」さんが、子どもたちの誕生祝いで送ってくれたと陶版や、家族写真が並べられています。

「出産するとみんなが大喜びしてくれて、入院中から抱っこをしに押し寄せてくれます。子どもが泣いている声が聞こえても、笑いながら『元気よく泣いているね』と声をかけてくれたり、両親に預けられないのでいつも気にかけてくれて。地域全体で子育て、みんなで子どもを見ている感じがします」と絵美子さん。

のんびりとした空気が流れる沖縄ではイライラしている人が少ないと感じるそう。

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
「ゆったりとした気持ちになれます。東京で子育てしていたら、もっと子どもに怒っていたと思いますね。いろいろ許せるようになって、自分も楽になりました。怒っても仕方がない、それより笑っていた方がいいなと。夫もすごく変わったと思います。子どもってそういう部分があるよねっていうのを、私よりわかってくれている気がします」(絵美子さん)

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
かわいい盛りの侑環くん。廊下を走り回って遊んでいます。

同じくセソコさんも、子どもたちには自由でいてほしいと言います。

「ちゃんと自分のこと愛して、好きなことを自由に感じて表現できて、その上で周りの人を喜ばせられる人になってほしい。子どもなので、一時的な感情で怒らないように、何を伝えようとしているか理解してあげられるようにと思っています。聞いてもまだ大した返事が返ってこなかったりしますが、何かあると機嫌が悪かったりするから、子どもの事情を考えてあげたいですね」

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
兄弟で仲良く遊んだり、ケンカしたり。

「自宅で仕事をしていると子どもたちは賑やかですが、そんなときは仕事に集中できなくても仕方がないかなと思っています。子どもたちがいるのは保育園に行く前と、夕方から寝るまでと限られているから、夜中寝静まってから仕事をすることも。個人で仕事をしているからというのもありますが、時間の使い方次第なので、いくらでもやりようはありますね」

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
子育てについてのルールは「子どもの成長を一緒にちゃんと見ること」。一緒に悩んで、相談して解決していくことだというセソコ夫妻。子どもたちが1日どんな生活をして、どんな嬉しいこと、悲しい思いをしたのか、夫婦で共有したいと言います。

「あえて時間を作っているわけではないですが、ごはんを食べるときに子どもたちのこと、例えば素直に言うことを聞かなかったときにどういう風にしたらいいかなど、いつも2人で考えています。

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
昔はいっぱいいっぱいだったけど、その頃より今は心に余裕がある。仕事もキツキツの状態にならないようにして、子どもたちと遊べる時間を作って成長を見ていきたい。

僕にとっては仕事も家族といる時間もどちらも大切で、繋がっていると思うんですよね。楽しくてやりがいがある仕事をしているから、家のことにもちゃんと向き合えるし、家族が笑顔でいてくれるから仕事にも向き合える。それができたのは沖縄に来たからこそだと思います」

まりげさんも実践!
ヤシノミ洗剤を上手に使う4つのコツ

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん「エコ洗剤って汚れが落ちにくい? どんなふうにやさしいの?」そんな疑問を解決。人気コミックライターまりげさんのほっこり描きおろしマンガとともにご紹介! 詳しくはこちら≫

子どもたちの未来のために
“人と地球にやさしい”ヤシノミ生活を

自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさん
ヤシノミシリーズはヤシノミ由来の植物性。洗った後の排水もすべて微生物によって分解され、すばやく地球にかえります。洗っても、洗っても、安心。今日の汚れをあしたの未来に残さない。そんな “人と地球にやさしい” ヤシノミ生活をはじめてみませんか。

【売上1%で、ボルネオ環境保全を支援】自由に感じて表現できる子に。夫婦で決めた子育てルール #23 編集者 セソコマサユキさんヤシノミシリーズの売上1%はマレーシア・サバ州政府公認の国際NGO「ボルネオ保全トラスト」を通じて野生動植物の保護と生息域の確保に使われています。

また、サラヤの製品は、違法労働や違法伐採によって作られた植物油を使用せず、環境と人権に配慮して生産されたRSPO認証植物油が使われています。
無香料、無添加のヤシノミシリーズを見る
★ヤシノミシリーズはロハコamazonでお買い求めいただけます。
取材/文:赤木真弓 撮影:林ひろし
[PR]サラヤ株式会社

読者アンケートにご協力ください (全7問)

Q1. 香料や着色料などは一切無添加、サラヤの「ヤシノミシリーズ」をご存じでしたか? (必須)

Q2. 「ヤシノミ洗剤」(食器用)を購入したことがありますか? (必須)

Q3. 「ヤシノミ 洗たく用洗剤」を購入したことがありますか? (必須)

Q4. 「ヤシノミ 柔軟剤」を購入したことがありますか? (必須)

Q5. 無香料や無添加、環境にやさしい洗剤への関心について (必須)

Q6. 過去に「やさしいママのヒミツ」をご覧になったことがありますか? ある場合は直近でご覧になった記事を1つ教えてください。 (必須)

Q7. 「やさしいママのヒミツ」、サラヤの「ヤシノミシリーズ」についてご意見・ご感想をお聞かせください[自由回答] (最大255文字)

送信中… 回答の送信に失敗しました. 必須項目を入力してください.

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.