くらし情報『町で目にした野菜の無人販売 入っていたものに「その手があったか!」』

町で目にした野菜の無人販売 入っていたものに「その手があったか!」

町で目にした野菜の無人販売 入っていたものに「その手があったか!」

ニュース番組を見ていると、連日悲しい事件が報じられています。残念なことに、すべての人が善人というわけではないのでしょう。

だからこそ、日常生活で人の温かさに触れたり、他人への信頼感あってのシステムに遭遇したりすると、自然と明るい気持ちになりますよね。

時々目にする野菜の無人販売も、人間の善性を信じて成り立っているシステムの1つ。治安がいいからこそ可能な販売方法といえます。

野菜のロッカー式無人販売を見て「これ賢い!」

ある日、モチコ(@mochicco69)さんは、コインロッカーを利用した野菜の無人販売所を目にしました。

提供側は、販売する野菜を各ロッカーに設置。消費者が小銭を入れて扉を開け、野菜を入手することのできる仕組みです。


モチコさんが驚かされたのは、その販売方法でのさらなる工夫。ロッカーの中には野菜だけでなく、あるものが入っていて…。

野菜ロッカーの写真

チンゲン菜と一緒に入っているのは、50円玉。

どうやらこのコインロッカーは、100円玉しか対応していないようです。そのため、野菜を販売する場合は100円単位で価格設定をしなくてはなりません。

しかし、こうしておつりを一緒に入れておくことで、『100円玉を2枚入れて150円の野菜を買い、50円のおつりをもらう』という流れで買い物ができるのです!

無人販売のデメリットは、何かと融通が利かない点。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.