恋愛情報『年下男子が「イラッとする」年上女性の話し方3つ』

2020年9月7日 07:45

年下男子が「イラッとする」年上女性の話し方3つ

職場やプライベートで年下の男性と話しているとき、盛り上がりに欠けるなあと思ったことはありませんか?もしかしたら原因は、あなたの話し方にあるのかもしれません。

今回は、年下男性があまり良く思わない女性の話し方について解説します。自分の普段の会話と比べて、気になる男性と話すときの参考にしてみてください。

年下男子が「イラッとする」年上女性の話し方3つ


■ やたらと上から目線で話す

「何かにつけて“そんなことも知らないの?”的な上から目線の女性はちょっと苦手。大抵の男からは嫌がられる話し方だと思う」(26歳/専門職)

あからさまに上から目線で威圧するような話し方は、男性のプライドを傷つけてしまいます。いくら年下でも相手は男性。話すときは偉そうにならないように心がけた方が良いでしょう。

気になる相手と年の差があっても、なるべくギャップを感じさせないような会話がおすすめです。

■ “どうせおばさんだから”などとに自分を卑下する

「“若い子はいいね”みたいな言い方をされると、疎外感を感じます。自分みたいなおばさんを相手にしてくれる人はいないとか思っているマイナス思考の人だと、こっちも疲れるしできるだけ話したくないなと思います」(30歳/営業)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.