才能&男気あるイケメンが恋愛・結婚に求めることって!? イケメン白書2014【第2回スペシャルゲスト 金子ノブアキさん編 】

内埜さくら
ライター
内埜さくら
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
第2回目にスペシャルゲストとして登場してくれたのは、俳優、そしてロックバンド『RIZE』のドラマーとして活躍する、今年3月に結婚した金子ノブアキさん。独身時代の恋愛観や結婚観を、赤裸々に語ってくれました。

才能&男気あるイケメンが恋愛・結婚に求めることって!? イケメン白書2014【第2回スペシャルゲスト 金子ノブアキさん編】
男が尻に敷かれるのが生物学的に正しい!?――金子さんは、好きになった女性に対してどういったアプローチをするタイプでしたか?
金子ノブアキ(以下金子、敬称略):俺は、好きになったら押しの一手で口説きまくってましたね。最初は嫌われてても、何とかなるだろうと思って。数え切れないほど大クラッシュも経験しましたけど(笑)、何とかなるもんなんですよ。今思い出すとちょっと危ないですけど(笑)。

――好きな人がアプローチしてくれないと悩む女性が多いのに、男らしいですね。
金子男の美学として自分から攻められない人もいると思うんですけど、それに関しては男が情けないとしか言えないですねぇ。女の人に決めの言葉を言わせちゃうのってどうなの? と思う。男なら自分から行けよ、情けねえなって。

――その考え方は、大分県出身のお父様(ドラマーの故・ジョニー吉長氏)の影響ですか。
金子:九州男児の血ね。入ってるんでしょうね。外では男を立ててもらって、家では転がしてもらいたいっていう。

――女性とのつき合い方も、そういう形が多かったのでしょうか。
金子:いやぁ、若い頃はケンカばっかりしてましたけど、年齢と共に変わってきたのか、結婚してからはケンカはほとんどしないですね。毎日、まったり、のんびりと暮らしてます。

――年齢を重ねることで、ご自身の中で変化があったということですか。
金子:女性の尻に敷かれることができるようになったっていうのは、自分の中で大きいですよね。怒られたら即『ごめんなさい!』って言えるようになりましたもん。男女関係って、男が尻に敷かれていないと成立しないと悟ったんですよ。生物学的に男のほうが劣等種だから、頭の切れ方からカンの良さから、勝てるわけがないんです。抵抗しようと考えること自体がムダ。だから絶対服従で、巻かれておけ、と(笑)。

――(笑)。男の人は結婚すると変わるって言いますもんね。
金子人として成熟していってるのは、身を持って体感してますね。結婚して縛り合うことに意味がないっていうのも正論だし一理あるんでしょうけど、結婚ならではの良さもあるんだなと思います。

才能&男気あるイケメンが恋愛・結婚に求めることって!? イケメン白書2014【第2回スペシャルゲスト 金子ノブアキさん編 】
――では、金子さんが考える、恋愛と結婚の違いとは?
金子:仕事への集中力の違い、ですかね。恋愛期間はまー、散漫でしたけど(笑)、結婚して落ち着くと、やるべきことがはっきり見えてくるんで、仕事が飛躍的にしやすくなりました。俺は、それが結婚の条件でもあったんです。誰にでも自分が入って来られたくない絶対領域があって、その領域にグイグイ入り込んできちゃうような相手と一緒にいるのは難しいんで、ちょうどいい距離感の人を探して、見つけて、結婚したという。相手のサポートによるところも大きいんですけど、だから今、非常に集中できてますね。

内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
確認中
内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
内埜さくら
内埜さくらをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
内埜さくら
内埜さくらの更新通知が届きます!
フォロー中
内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.