2015年6月11日 18:00|ウーマンエキサイト

チューバと元カノ【彼氏の顔が覚えられません 第31話】

平原 学
ライター (作家、コラム・レビューライター、ラッパー)
平原 学
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
「へぇ、先輩、チューバ辞めちゃったんですのね…でも、まだ音楽関係の部活されてて、ちょっと安心しましたわ」

チューバと元カノ【彼氏の顔が覚えられません 第31話】

画像:(c)alephcomo1 - Fotolia.com


一カ月振りに会うのに何も言えない、元カノの私。そして、1年以上経っての再会なのに、すごい親しげに話す元後輩のコモリとカズヤ。なんだろうこのアウェイ感。関係も、再会までの期間も、圧倒的に私の方が近いのに。

いや、逆なのか。近すぎるからこそ何も話せないのか。そう思いながら、カズヤが離れていくまで、ただじぃっと待っていた。

二人の話は、身内話がほとんどで大して耳に入らなかった。いちおう記憶したのは、高校時代のコモリとカズヤは吹奏楽部で、同じバスパートというのに所属していたという話だけだ。チューバもユーフォ(※正しくはユーフォニアム)も楽器の名前らしい。

で、一通り会話を終えたあとで、結局カズヤは私に話を戻すことなく去っていってしまった。コモリにチケットを2枚渡して。

「ヤマナシ先輩って、タニムラ先輩の彼女だったんですのね。それならそうと言ってくれたらタナカ先輩との誤解もございませんでしたのに…」

「いや、“元”ね」

「えっ。今でも付き合ってるみたいにおっしゃってましたけど…あぁ、けんか中なんですのね。はい、じゃあこれ、きっと仲直りの印ですわ」

チケットを1枚差し出すコモリ。いらない、といって突っ返すのは簡単だったけど、なんだかコモリに対して八つ当たりしてるみたいでイヤだった。怒りは、カズヤに対して直接ぶつけるべきだ。

そう思って、コモリから渋々チケットを受け取ったのである。

平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
平原 学
平原 学をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
平原 学
平原 学の更新通知が届きます!
フォロー中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.