2015年7月16日 18:00|ウーマンエキサイト

男はそれをガマンできない【彼氏の顔が覚えられません 第36話】

平原 学
ライター (作家、コラム・レビューライター、ラッパー)
平原 学
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

…だからといって、恋人でもない女の胸をジロジロ見ることの言い訳にはならないな。人間は社会的動物なのだ。理性でもって、なんとか抑えなきゃいけない。

「ちょっとトイレ行ってくる」

そう言ってギターを置いて立ち上がる。一度シノザキから離れて冷静になる必要がある。やつは「はーい、いっトイレー」なんてくだらないことを言いながら、ギターの練習に戻る。

用を足しながら、改めて考えてみる。シノザキの目的は何なのか。最初に近づいてきたときは確かに、「ギターを教えてほしい」だった。「それなら軽音部に入部すりゃあいいじゃないか」と言えば、

「部活はもう、高校のスイ部(吹奏楽部)で懲りたからさー。人間関係とかメンドくさいし」

と。理屈はわからんでもない。しかし、なぜ俺なのか。昔からの知り合いで声がかけやすかった? 俺の方は、高校時代からそんなに仲良くした覚えはないが。体型はともかく、名前すら忘れるくらいだ。

やつの方も、自分からは話しかけてこなかった。練習中に声をかけても、返事すらないことが多々あった。ぶっきらぼうなやつだなと思っていたが…。

結局、答えがでないままスタジオに戻る。ふと椅子の上に、プレゼントみたいな包みが置いてある。

「え…何これ…」

訊くと、

「何って…チョコレートだけど」

あっけらかんと、シノザキは答える。

え、えぇー…。

丁寧に、リボンまで巻かれて。どう見ても、「本命」と言うべき代物だった。

(つづく)

【恋愛小説『彼氏の顔が覚えられません』は、毎週木曜日配信】
目次ページはこちら
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
平原 学
平原 学をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
平原 学
平原 学の更新通知が届きます!
フォロー中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.