2015年9月2日 18:00|ウーマンエキサイト

女の怒りとピザカッター【彼氏の顔が覚えられません 第43話】

平原 学
ライター (作家、コラム・レビューライター、ラッパー)
平原 学
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
女性は、怒りたいことがあるから怒るのではなく、怒りたいときがあるから怒るのだ。そういう話を聞いたことがある。誰から聞いたかは重要じゃない。ただ私の中ではそれが、真理として刻まれている。

女の怒りとピザカッター【彼氏の顔が覚えられません 第43話】

画像:(c)Andrey Armyagov - Fotolia.com



どんな理不尽なことをされても、女性には耐える力がある。自分の感覚を無にし、怒りたい事象が過ぎ去るのを待つことができる。

ただ、あるとき、それまで耐えていたものが爆発する。それこそ理不尽な話かもしれない。理不尽な仕打ちを受けたならその分だけ、理不尽に怒りを吐き出してしまう。ときには、「生理」も言い訳にする。

スポットライトが赤に、青に、緑に、黄に。さまざまな色でステージ上の男性を照らす。それがカズヤなのか。相変わらず顔は覚えてないし、こう光が安定しないライヴ会場だと、そもそも顔なんか判別できなくて当然だろう。

ただ、「イズミ! 聴いてくれ! 俺がこの日のために用意したラブソングを!」そう叫んだのがカズヤの声だったのは間違いない。

逃げようとしたのに。まるで観客全員がグルみたいにどんどんステージの直前まで押し出されて。ツバが飛ぶくらいの近い距離で歌っているのは、「怒りたい事象」だ。私のことを放ったらかしして、"ギター友達"のマナミなんかとずっと一緒に過ごして。

マナミに浮気したかどうかはわからない。その事実があってもなくても、これは怒っていい状況だ。私へのラブソングだなんて。ギターをかきならし、長い髪――ほんと気持ち悪いから切ってほしい――を振り回し、「歌う」と言うより「がなる」みたいなひどい声をマイクにのせて。
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
平原 学
平原 学をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
平原 学
平原 学の更新通知が届きます!
フォロー中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.