2015年9月10日 18:00|ウーマンエキサイト

運命と新宿駅【彼氏の顔が覚えられません 第44話】

平原 学
ライター (作家、コラム・レビューライター、ラッパー)
平原 学
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
いつかの夢の中に、ユイがでてきた。

運命と新宿駅【彼氏の顔が覚えられません 第44話】

画像:(c)moonrise - Fotolia.com



「黙って学校辞めてゴメン。なんか親にバレちゃってさ。大学行ってんのに勉強もしないで男遊びしてるって。そんなことのために行かせたんじゃない、もう授業料は出さん! さっさと就職しろ! ってね」

そうだったの、と納得した。事実はどうか知らない。それだったらよかったな、と思っていただけかもしれない。

「なんでLINEブロックしたの」

「深い意味は無いよ。もう会うこともないのかなぁって思ったら、ね…ネットだけで人間関係保ち続けたいと思わないし。それに余計なこと言いそうじゃん。大学通えてうらやましいなぁとか。イズミ、気をつかっちゃうでしょ」

「そうかも」

そう、笑って返す。笑い方なんて現実には知らないクセに。

「あ、それより聞きたいことがあってさ」

前に、途中で切れた話をする。恋愛初心者だからって、ユイが私に教えようとしてくれていたこと。

「あぁ、あれ。よく覚えてたね。忘れていいよ」

「えっ」

「だから、あの話の続きなんて、ないんだってば。恋がどっちに転ぶかなんて、人に決められるような問題じゃない。自分で解決しかないから」
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
平原 学
平原 学をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
平原 学
平原 学の更新通知が届きます!
フォロー中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.