ドイツ人男性は両極端? 海外の出会い系サイト体験記

2016年3月29日 20:30
 

モーゲンスタン陽子 ライター
モーゲンスタン陽子

カナダに住んでいたころの話。まわりに、オンラインの出会い系サイトで知り合ったというカップルがたくさんいました。バツイチの友人も、オンラインで知り合った相手と結婚し、いまは幸せな家庭を築いています。

長続きしているカップルの出会いの場所ナンバーワンは「オンライン」、という報道が、新聞などでも出ていました。

出会い系サイトで出会うポイントは「写真は必ず載せる」こと。写真なしでは冷やかしだと思われます。

また、「条件はできるだけ細かく絞り込む」こと。これはサイトの仕様によるかもしれませんが、人種・年収などまで自分の希望をしっかり伝えること、だそうです。

■実際に登録してみると…

さっそくわたしも、とあるサイトでアカウントを開設してみました。多国籍で展開しているサイトで、無料、条件はそれほど事細かには入力できません。

わたしは、人種は問わないのですが、文化的・マナリズム的に北米の方が合うので、「ドイツと近隣国に暮らす北米の男性か日本人」と、文章で入れました。

イギリス人も多分OKだと思うのですが、面倒くさくなるのでとりあえずアメリカ・カナダ・日本に絞りました。年齢設定は38歳から55歳。

すると、登録した途端メッセージがどんどん来ます。でもそのほとんどが、ドイツ人またはアメリカに住むアメリカ人。「条件をちゃんと読んでいるのか!」という感じです。

じつはわたしの元夫はドイツ人なので、ドイツ人はもうたくさんなのです…。

■最初のメッセージは、Hi there!

そんななか、ひとりだけ「これは」と思える男性を見つけました。近郊の街に暮らす、中国人と白人のハーフのアメリカ人。

思い切って、Hi there!(こんにちは)とメッセージを送ってみました。


新着まとめ
もっと見る
夜オンナの記事(外部サイト)

ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.