恋愛情報『『妊娠するために手術をしようと思う』妊活準備で婦人科へ行くことに→婦人科で“疾患”を発見!』

『妊娠するために手術をしようと思う』妊活準備で婦人科へ行くことに→婦人科で“疾患”を発見!

目次

・Fさんの場合……
・どんな治療を受けましたか?
・周囲の方に打ち明けましたか?
・世の女性陣へ伝えたいことは?
・妊娠希望の方は早めに婦人科へ
『妊娠するために手術をしようと思う』妊活準備で婦人科へ行くことに→婦人科で“疾患”を発見!

結婚して子どもが欲しくなり、妊活を始める方もいるでしょう。

実は、妊活をきっかけに婦人科疾患に気づくこともあるようです。

そこで今回のMOREDOORでは、「婦人科疾患に気づいたきっかけエピソード」をご紹介します。
監修者:ひなたクリニック院長、三橋 裕一
1964年生まれ。福島県会津若松市出身で2007年に札幌でひなたクリニックを開業。
産婦人科医の傍ら、総合格闘技のリングドクターとしても活動。
新事業の『内診台を使用したVIO脱毛』に日々奮闘中。

Fさんの場合……

私の場合、妊活をするために、婦人科で受診したところ、多数の子宮筋腫があると判明しました。


それまでは毎年、子宮がん健診を受けており、とくに何も指摘されていませんでした。

筋腫があると妊娠しにくいということでした。

どんな治療を受けましたか?

個人の病院で、生殖医療科という不妊治療に特化した診療科で受診しました。

たまたま腹腔鏡手術が得意な先生だったので、後の妊娠のことを考え、腹腔鏡手術を行いました。

全身麻酔で2〜3時間ほど。

傷口も小さく5日で退院しました。


周囲の方に打ち明けましたか?

主人には「遠まわりにはなるけれど、妊娠するために手術をしようと思う」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.