子育て情報『超人気「ボタニカルネーム」ランキングTOP10【女の子名づけ】』

2021年3月20日 09:30

超人気「ボタニカルネーム」ランキングTOP10【女の子名づけ】

目次

・1位陽葵(主なよみ:ひなた、ひまり)
・2位芽依(主なよみ:めい)
・3位結菜(主なよみ:ゆいな、ゆな)
・4位葵(主なよみ:あおい)
・5位莉子(主なよみ:りこ)
・6位 陽菜(主なよみ:はるな、ひな)
・7位咲良(主なよみ:さくら、さら)
・8位杏(主なよみ:あん、あんず)
・9位彩葉(主なよみ:いろは、あやは)
・10位琴葉(主なよみ:ことは)
女の子「ボタニカルネーム」ランキング


2020年生まれの女の子79,425名を対象に『2020年の名づけトレンド』に関する調査を行いました。近年、女の子の名前では、植物を表す漢字を用いた「ボタニカルネーム」が大ブーム! 2020年の女の子の名前ランキングTOP100のうち、「ボタニカルネーム」TOP10をご紹介します。

1位陽葵(主なよみ:ひなた、ひまり)

「陽葵(主なよみ:ひなた、ひまり)」は、2019年・2020年と2年連続名前ランキングでは首位を獲得した近年人気の名前です。太陽を表す「陽」と、太陽に向かって咲くアオイ科の草花「葵」を組み合わせています。

「太陽のようにあたたかく、葵の花のようにすくすくと育ちますように」という願いが込められているのかもしれませんね。

2位芽依(主なよみ:めい)

2019年名前ランキング8位から、2020年は4位へとランクアップした「芽依(主なよみ:めい)」。2020年漢字ランキング33位にランクインし草木が芽吹く様子をイメージする「芽」に、24位で頼りにするという意味の「依」を組み合わせた名前です。エネルギッシュでありつつも、どことなく優しさを感じるようですね。

「めい(may)」というよみからか、特に5月生まれの女の子に多く名づけられる名前もあります。

3位結菜(主なよみ:ゆいな、ゆな)

2019年名前ランキング5位、2020年は6位にランクインした「結菜(主なよみ:ゆいな、ゆな)」。「結ぶ」という意味から人とのご縁を表すような「結」。かわいらしい黄色い菜の花を連想させる「菜」を組み合わせた、親しみやすく明るい印象の名前です。「な」で止める名前は響きがやさしく、女の子の名づけに人気があります。

4位葵(主なよみ:あおい)

2019年名前ランキング3位、2020年7位の「葵(主なよみ:あおい)」。草花のアオイを意味し、太陽の方向に向かって咲く葵の花のように、すくすくと明るく成長するよう願って名づけられることもあるようです。

男の子の名前にも用いられ、2020年漢字ランキングでは女の子で14位、男の子で39位にランクインしています。

5位莉子(主なよみ:りこ)

2019年名前ランキングでは6位、2020年は8位にランクインした「莉子(主なよみ:りこ)」。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.