子育て情報『「俺は何がしたいんだろ…」妻に冷たくされ離婚を決意するも決意が揺らぎ出した弁護士のひと言とは?』

「俺は何がしたいんだろ…」妻に冷たくされ離婚を決意するも決意が揺らぎ出した弁護士のひと言とは?

「俺は何がしたいんだろ…」妻に冷たくされ離婚を決意するも決意が揺らぎ出した弁護士のひと言とは?


亮太さんは妻の麻耶さん、4歳の息子・和馬君の3人家族。一見幸せそうな家族ですが、亮太さんは麻耶さんのとある行動に頭を悩ませています。それは、麻耶さんの自分に対する暴言や暴力と、和馬君への軽いネグレクト。そのうち亮太さんは、家庭のストレスが原因で体調不良を伴う不安抑うつ状態に……。さらに帰宅恐怖になったことをきっかけに、亮太さんは事情を知っている社長の好意に甘えて会社に寝泊まりさせてもらうことになりました。その後、弁護士からのアドバイスを受けながら、本格的に離婚を進めていくことにした亮太さん。改めて麻耶さんとの関係が、和馬君に悪影響を与えていたことを知り……?

子どもの前で家族に暴力をふるうなどの行為が心理的な虐待につながることだと気づかされた亮太さんは、今一度自分のおこないも反省します。

離婚の実現にはさまざまなハードルが…



妻が嫌すぎる夫43-1


妻が嫌すぎる夫43-2


妻が嫌すぎる夫43-3


妻が嫌すぎる夫43-4


妻が嫌すぎる夫43-5


妻が嫌すぎる夫43-6


妻が嫌すぎる夫43-7


妻が嫌すぎる夫43-8


妻が嫌すぎる夫43-9


妻が嫌すぎる夫43-10


妻が嫌すぎる夫43-11


妻が嫌すぎる夫43-12


妻が嫌すぎる夫43-13


妻が嫌すぎる夫43-14


妻が嫌すぎる夫43-15


弁護士は、亮太さんに親権を取るための行動を淡々と説明していきます。

その中で、亮太さんがうつ病と診断されていることについても触れ、場合によっては慰謝料や養育費を十分に請求できると断言。

麻耶さんと離婚したいと思っている一方で、亮太さんは、本当に自分がそこまでのことを求めているのかがわからなくなってしまうのでした。

ただ家から出て行ってもらいたいだけの亮太さんにとって、麻耶さんから慰謝料や養育費まで請求するのは本意ではないようです。

家族写真を撮らなくなったことを寂しく思っている様子からも、亮太さんにはある程度麻耶さんへの情が残っているのかもしれませんね。

このまま自分の気持ちが定まらない状態で話が進んでいけば、離婚後に後悔する可能性もあります。

亮太さんには、まずしっかりと自分の気持ちに向き合い、本当に離婚に進むべきかをきちんと整理する時間が必要なのかもしれませんね。

>>次の話

著者:マンガ家・イラストレーター くろねこ

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.