2015年9月18日 06:15|ウーマンエキサイト

子どもの「なんで?」「どうして?」攻撃に応えるベストな方法とは

ポセイドン・ヨーコ
ライター
ポセイドン・ヨーコ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

1.疑問の「なんで」「どうして」

子どもが「なんで」「どうして」と聞く理由は大きく分けて2パターンあります。まず1つ目は、疑問に感じたから聞いているというパターン。

「これはなんでだろう」「どうしてだろう」と、ただ疑問に感じただけ…。とはいえ、これが否応なしに月齢が上がるにつれ加速していくので、大人は「めんどくさいなぁ」「うっとうおしいなぁ」と感じてしまいますが、もうそれは耐えるしかありません(笑)。

ただ、頑張って応える必要はないのです。こういうときには大人の「めんどくさい」「うっとうしい」という感情を教えてあげるきっかけにもなります。
「ママにもわからないことがあるからそんなに質問されると困っちゃう」とか「んーわからないから一緒に考えてみよう・調べてみよう」なんていう対応が理想です。

2.確認の「なんで」「どうして」

文頭で書いたように子どもは頭の中で考えていることを全部言葉にはできません。語彙力や表現方法の知識が追いつかないからです。そのため、頭の中で思っていること、浮かんでいる言葉をなんと表していいのか探すために「なんで」「どうして」を使って大人から言葉を引き出そうとします。

母「今日は雨だから傘さしていこうね」
子「なんで?」
母「(雨だからって言ってんじゃん!!)だーかーらー」なんてことありませんか?

このような状況を解説すると、
母「雨だから傘さしていこうね」
子「(傘をさすのは雨だからなのかな)なんで?」
と、こんな感じです。

子どもは、自分の耳に入ってきた情報が正しいか否かを確認するために「なんで?」「どうして?」と聞き返しています。この場合はきちんと答えてあげることが必要ですが、「なんでだと思う?」と聞き返してあげるのがおすすめです。

このように確認のために「なんで」「どうして」を用いる子は実際分かっているけど自信がないという場合がほとんど。

母「雨だから傘さしていこうね」
子「(傘をさすのは雨だからなのかな)なんで?」
母「どうしてだと思う?」
子「雨?」
母「そう! 大正解! 雨だから傘さすんだよね」
と対応してあげることで、自尊心が高まり語彙が増え一石二鳥!

自信をつけるためには間違えを恐れずに勇気を出して一歩前に出ることが必要です。うっとおしく感じる子どもの「なんで」「どうして」をうまく利用し、母子ともに自信をつけてみてはいかがでしょうか。
(ポセイドン・ヨーコ)
ポセイドン・ヨーコ
ポセイドン・ヨーコの更新通知を受けよう!
確認中
ポセイドン・ヨーコ
ポセイドン・ヨーコの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ポセイドン・ヨーコ
ポセイドン・ヨーコの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ポセイドン・ヨーコ
ポセイドン・ヨーコをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ポセイドン・ヨーコ
ポセイドン・ヨーコの更新通知が届きます!
フォロー中
ポセイドン・ヨーコ
ポセイドン・ヨーコの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.