2017年10月5日 12:00|ウーマンエキサイト

転勤族の子育て事情。妻が考える転勤のメリットとは?【コソダテフルな毎日 第41話】


■その1. 夫ととことん向き合える

転勤族の子育て事情。妻が考える転勤のメリットとは?【コソダテフルな毎日 第41話】

簡単に帰れないという状況が、ある意味夫婦にとってはよかった気がします。

あのとき、もしも実家が近くにあれば、私たち夫婦の心はとっくに離れていたんじゃないかな~と思うことがあります。

長男が生まれて1年間、未熟な私たち夫婦はトゲトゲしていました。お互いに余裕がなかったんだと思います。

私がインフルエンザで倒れて1日寝込み、翌日の長男の朝食を夫に頼むと、返ってきた返事が「え?」(今日も!?(怪訝)という顔)でした。

そしてそのまま私と長男を残し、階段を上って寝室に戻っていってしまいました(二度寝)。

あらためていま思うとひどいですね~(笑)。なんだこの父親!! 本当に悲しくてつらくて、がっくりしながら長男に朝食をあげました。

いま思っても、「あんた、よく耐え忍んだな」と自分に驚きます(いまならもっと文句言いますし、夫もこのような行動は絶対に取りません)。

どんなに愛し合って結婚した仲でも、やはり波はあるわけで。私たち夫婦も、いい時期もあれば、冷めたり諦めたりする時期もありました。

転勤族の子育て事情。妻が考える転勤のメリットとは?【コソダテフルな毎日 第41話】

けれど、わざわざ荷物抱えてはるばる子ども連れて帰る労力、その行為がもたらす波紋を考えると…帰れませんでした。

というよりも、実家に帰ったところで根本的な解決にはならないし、私がするべきことは里帰りすることじゃなくて目の前にいる夫と話し合うことだなと思ったからです。

私の性格上、もしも実家が近かったらきっとしょっちゅう帰っていたと思います。そして親、兄弟に夫の愚痴をさんざん吐いていたと思います。

でも、仮にそうしていたとしたら…いまの私たちはなかったんじゃないかな~と思います。

どんなに腹がたっても、どんなに顔も見たくなくても帰る場所は我が家しかない、この状況が私たち夫婦の絆を強くしました。

転勤族の子育て事情。妻が考える転勤のメリットとは?【コソダテフルな毎日 第41話】

この10年で子どもの数も増えましたし、私が仕事を始めたりと家庭環境はどんどん変わりました。けんかもたくさんしましたが、その都度、何度も何度もとことん話し合いました。

転勤族の子育て事情。妻が考える転勤のメリットとは?【コソダテフルな毎日 第41話】

なにも夫だけに頼らなくても、助けてくれる友達もいましたし、ファミリーサポートも活用していました。

けれどやはり家庭を回す両輪は、夫と私であることには違いないわけです。

私と夫で何度も何度も話し合い、そして10年たったいま、私は昔より随分図太くなり夫は見違えるほど協力的になりました。

私たちにとっては実家が遠かったからこそ、お互いが向き合う機会を失わなくてすんだような気がします。

オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
確認中
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
オギャ子
オギャ子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
オギャ子
オギャ子の更新通知が届きます!
フォロー中
オギャ子
オギャ子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.