「実家が遠い」じつはメリット!? 転勤族ママが子育てを楽しむコツ【コソダテフルな毎日 第41話】

2017年10月5日 12:00
 

ちゅいママ ライター
ちゅいママ

こんにちは。コソダテフルな毎日のちゅいママです。長男(小3)、次男(年長)、三男(年少)の3兄弟の母です。

うちの夫は仕事上、転勤必須です。引っ越した回数は結婚10年で5ヶ所(県内移動・近距離移動含みます)。

とはいえ、私たち夫婦は故郷(大阪)に強い思い入れがあるわけでもなく、全国あちこち行ってみるのも楽しいなと思うタイプなので、転勤に対するマイナスイメージは特にありませんでした。



しかし夫婦2人の時には楽しく暮らせても、いざ子どもが生まれるとやはり大変なことも多くて、引っ越しそのものや、せっかくできたお友だちともお別れしなくちゃいけないなど、その苦労をあげればキリがありません。

その中で今日は「(両)実家が遠い」ということを取り上げたいと思います。

■近くに頼れる人がいない中での子育て

実家から遠い場所で暮らしてる方は転勤族関係なくたくさんいらっしゃると思います。

また、実家が近かったとしてもご両親がまだ現役で働いていらっしゃったり、事情があって頼れない状況の方もいらっしゃるでしょうから、もしかすると物理的な距離はあまり関係ないかもしれませんね。

ちょっとした時に実親や、自分の兄弟たちに子どものお世話を頼めたらどんなにいいか…。

特に自分が体調崩した時などは最悪で、夫の帰りも遅い、子どもは待ったなし、本当に泣きそうになりながら耐えたこともいっぱいありました。



緊急時じゃなくとも、近所に暮らしているおじいちゃんおばあちゃん、おじさんおばさんの家に、子どもたちがふら~っと立ち寄れる環境があれば、子どもたちの成長にとってもいいだろうな~と思います。

ですが、ここで愚痴を言っていても何も始まりません!

置かれた場所で生活していくしかないですし、物事には悪いこともあればいいこともあるんですから。

というわけで、あえて「実家が遠くてよかったこと」を2つ挙げてみました!

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.