公共の場で赤ちゃんが泣いてしまった…!みんなの「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」

「赤ちゃんの泣き声」に関する体験エピソードを、ウーマンエキサイトで連載中の人気コミックライターのみなさんに聞いてみました!

特集へ戻る

「なぜ泣き止ませないの?」誤解してた。“泣き続ける子”へのあたたかい視線【泣いて! 笑って! グラハムコソダテ Vol.14】

若いころは、泣き続ける子どもが不思議だったけど…。出産後、価値観が180度変わったというグラハム子さんが出会ったある出来事とは。人気インスタグラマーグラハム子さんの書き下ろしコミックエッセイです。



■出産で価値観ががらっと変わった!

若いころ、私は子どもが好きでもなければ嫌いでもない、まぁいわゆる普通の人でした。

たまにレストランや電車など、公共の場で泣いている赤ちゃんを見かけると、不快とは思いませんでしたが

泣いて! 笑って! グラハムコソダテ

なんて思っていました。

しかし実際に自分が子育てをしてみると…

泣いて! 笑って! グラハムコソダテ

子どもを産む前と産んだ後では、価値観が180度近く変わりました。

「育て方の違いで、『泣く子になる』、『泣かない子になる』」なんてこともありませんでした。

わが家の場合、上の子も下の子も同じ環境で同じように育てていますが、上の子の方が圧倒的に泣きます。きっと育つ環境よりも、生まれ持った性格もあるのだと思います。
次ページ :  そんなある日、子連れでスーパーへ >>

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.