脱イライラ…「イヤイヤ期」を乗り切ろう!

2歳~3歳頃がそのピークだと言われるイヤイヤ期、親の試練の時でもありますよね。そんなイヤイヤ期のエピソードと乗り切り方をみなさんに聞いてみました!

特集へ戻る

イヤイヤ期、育児書で解決できない悩み…ママだって「やっぱりムリ」もある【泣いて! 笑って! グラハムコソダテ Vol.13】

どの子にもおとずれるというイヤイヤ期。育児書を読んで、その内容を取り入れてみようとしたグラハム子さんですが…。人気インスタグラマーグラハム子さんの書き下ろしコミックエッセイです。



■だれもが通るイヤイヤ期。育児書の意見に納得するも…

2歳ごろになると多くの子におとずれると言われているイヤイヤ期。わが家の子たちも例外なくイヤイヤを発動しました。

泣いて! 笑って! グラハムコソダテ

参考になればと思い買った育児書には、こう書いてありました。

「イヤイヤ期は自我の芽生えなので、できる限り子どもを尊重してあげること。例えばボタンがうまくかけられずに泣いていたら、親がやってしまうと『やりたかったのにー!』と逆効果になることもある」

これを読んで、「なるほど」と納得した私。さっそく、この考え方を取り入れて生活することに。

しかし実際は…。

泣いて! 笑って! グラハムコソダテ

時間に追われ、育児書のようにはうまくいかないことも多々ありました。

きっともっと私が時間に余裕を持って行動すれば良いのだとは思います。しかしがんばってはいるけれど、小さい子がいて余裕を持つのって、なかなか難しい。

そんなとき、ふと見ていたテレビで私と似たような悩みを持つ母親がいました。
次ページ :  そのテレビでの専門家の意見とは? >>

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.