お友達トラブル 子どものピンチに親ができること

わが子とお友達にトラブル勃発! そのとき親にできることは? 保育園、幼稚園、小学校でのさまざまなケースと乗り越えるためのポイントを、コミックライターのみなさんに教えてもらいました。

特集へ戻る

親も心が痛む…! 小学生の我が子が仲間外れにされたお友達トラブルの対処法【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.33】

じゃがいもころりん
ライター
じゃがいもころりん
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

親も心が痛む…! 小学生の我が子が仲間外れにされたお友達トラブルの対処法【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.33】
誤解が解け、Aちゃんとはすっかりまた仲良しに。

でもBちゃんはAちゃんを独り占めしたかったわけですから、娘の存在が気に入らないようで、その後もしばらくはぎくしゃくしてたみたいですが、結局一緒にいて、数年後には一緒に部活までやる仲間に(笑)

今回は、たまたま結果オーライでしたが、相手によってはどうにもならない場合もありますよね。
そんな時はクラスの他の子に目を向けること、自分の時間を楽しむこと、先生に入ってもらうなど、他の視点で話してみようかと思っていました。

辛いこと、悲しいこと、子どもには経験させたくないのが親心ですが、経験は宝です。

今回、無視されて悲しかった、ウソをつかれて悔しかった、Bちゃんはどうしてウソをついたのか、勇気をだしてよかった、みんなが仲良くできるわけじゃない、などなど…トラブルを通じて子どもなりにたくさん考えたはずです。

経験を通じて人の痛みも分かるようになるし、降りかかってくる問題にどう対処していったらいいか学びます。

親が出来ることは、(年齢によっても状況によっても違うので臨機応変な対応が必要ですが)「気持ちを受け止め、一緒に考え、支えること」だと思います。

聞いてくれる、分かってくれる、一緒に考えてくれる人がいると頑張れますよね。

現在20歳になった次女、今ではもう逆に私の愚痴を聞いてくれたり意見をくれたりとすっかり頼もしい存在です!



親も心が痛む…! 小学生の我が子が仲間外れにされたお友達トラブルの対処法【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.33】育児の悩みをプロのカウンセラーに相談してみよう!

育児のモヤモヤ、不安な思い、悩みは1人で抱え込まずにプロのカウンセラーに相談してみましょう。
電話で相談できるので、24時間365日、いつでもどこでも、名前も顔も知られずに安心して相談できます。
エキサイトお悩み相談室

じゃがいもころりん
じゃがいもころりんの更新通知を受けよう!
確認中
じゃがいもころりん
じゃがいもころりんの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
じゃがいもころりん
じゃがいもころりんの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
じゃがいもころりん
じゃがいもころりんをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
じゃがいもころりん
じゃがいもころりんの更新通知が届きます!
フォロー中
じゃがいもころりん
じゃがいもころりんの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.