保育士として考えた、令和時代の「OPEN子育て」とは?【メルヘン男子とPOWER PUFF BOY 第16話】

Arare
ライター
Arare
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

今はなんでもネットの時代…。

ちょっとしたことで大きなクレームにつながったりして、ネットで拡散…なんてことになったら…と思うと、上司の先生たちもつい慎重になってしまいがちです。

また、子どもたちが園で熱を出したときも同じです。

年齢が小さいほど下がったと思ったのにまたすぐ熱が上がってる…ということよくありますよね(汗)

高熱が出ている場合は保護者の人に連絡をいれるのですが、週に何回も続いたり、職場の方に何回も連絡をいれたりすると、仕事の関係で嫌な思いをする人もいると思います。

そう考えると、連絡してもいいのだろうか…もう少し様子を見たほうがいいのかな…でも大切なお子さんの体も優先だし…と葛藤することになるのです。

■逆に、保護者の立場として思うことも

保育士として考えた、令和時代の「OPEN子育て」とは?【メルヘン男子とPOWER PUFF BOY  第16話】

そう! 気になることや不満などは園側だけではなく、子どもたちを預けている保護者側の立場でもあるはずです!

実際私も、子どもたちを預けている園には感謝している部分がほとんどですが、たまに気になることや、もっとこうしてほしいのになーと思うこともあります。

でも、こんなことを言ったら先生たちはどう思うだろう、クレームみたいになってしまわないかな…などなど考えるとなかなかそれを伝えられないのが現状です。

そこで提案したいのが、

保育士として考えた、令和時代の「OPEN子育て」とは?【メルヘン男子とPOWER PUFF BOY  第16話】

ということです!
Arare
Arareの更新通知を受けよう!
確認中
Arare
Arareの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
Arare
Arareの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
Arare
Arareをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
Arare
Arareの更新通知が届きます!
フォロー中
Arare
Arareの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.