「いつも私ばっかり」ママから求められない…子どもの想い当然と思ってた【子育ては毎日がたからもの☆ 第58話】

ぺぷり
ライター (コミックライター)
ぺぷり
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
「ママ、ギューして」子どもはいつも抱っこしてほしがる

いつもそう言って求めてきてくれる子どもたち。

余裕のあるときは応えても、急いでいるときや、気持ちに余裕がないときは「あとでね」とやり過ごしてしまうときがあります。

■子どもだって親に「求められたい」と思ってる

「子どもを一日7秒抱きしめる」というのはよく聞きます。
この抱きしめることで子どもは精神的安定を得られるといいますが、それは親も同じこと。

抱きしめて、ぬくもりを感じて、余計に相手のことが愛おしくなって。とても幸せな気分になれます。

なのに、私はいつしか子どもに求められることがあたり前になりすぎていて。だから「だっこかー…しゃーないなー」みたいな上から目線になっていることがありました。

それに気づいたのは、ある娘の言葉からでした。

親は子どもを「抱っこしてやる」と考えていた。でも子どもの気持ちは…

そう、求められることに慣れすぎていた私。
いつものように「求める娘を受け入れる」姿勢しかなかったのですが、娘だって、求められたかったのです。

きっと、私の「まただっこかーしゃーないな」という気持ちが伝わってしまっていたのかもしれません。
自分だけがこんなに求めている。

でも、相手からは求められない
そんなギャップが悲しかったのかもしれません。

その証拠に、その後「ママからもギューしてきて欲しい」いつも子どもばかりに求めさせていた

ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
確認中
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ぺぷり
ぺぷりをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ぺぷり
ぺぷりの更新通知が届きます!
フォロー中
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.