「いつも私ばっかり」ママから求められない…子どもの想い当然と思ってた【子育ては毎日がたからもの☆ 第58話】

ぺぷり
ライター (コミックライター)
ぺぷり
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。


■求められる幸せは、親も子も感じていたい

求められるのに慣れすぎた私は、自分から子どもに求めることを怠っていました。

求められたら応じるけれど、自分からは求めない。

そして、子どもから「求められている幸せな時間」を過ごしていることも、そうした愛情をもらっていることにも気づかず、子どもの気持ちの上にあぐらをかいていたかもしれません。

子どもだって親に求められたいという気持ちがある

いまは子どもとのハグはあたり前の日課なのに、だんだん減っていって、あと数年たって思春期にもなれば、触れることもほとんどなくなるのでしょう。

心の中を幸せな気持ちで満たしてくれるわが子とのハグは、あたり前のことではないんだなと、あらためて思いました。

触れることができなくなったとき、私は与えられてばかりだった子どもたちのぬくもりを覚えていられるのでしょうか。

いつまでハグできるかわからない。この愛おしい気持ちをしっかり覚えておきたい
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
確認中
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
ぺぷり
ぺぷりをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
ぺぷり
ぺぷりの更新通知が届きます!
フォロー中
ぺぷり
ぺぷりの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.