2022年3月3日 09:00|ウーマンエキサイト

なかなか哺乳瓶がやめられなかった長男が、突然「やめる宣言」したわけとは!?【うちの家族、個性の塊です Vol.66】

うちの家族、個性の塊です

うちの家族、個性の塊です

夫と、長女(10歳)、長男(5歳)、次男(0歳)の5人家族。広汎性発達障害と診断された長女と、夫&息子たちの面白おかしい日々を綴るコミックエッセイ。笑いとネタの絶えない毎日です。

現在、5歳の長男。

オムツも早く取れ、言葉でのコミュニケーションを取れるようになったのも早く、ほとんど手がかからない子だったのですが、唯一、哺乳瓶がなかなかやめられませんでした。

長男は、生後9ヶ月まで、母乳とミルク混合で育ちましたが、私の母乳の出がよくなかったこともあって、ほぼミルクといっても過言ではないぐらい、ミルク大好きっ子でした。

長男が1歳になってすぐ、(離乳食もよく食べる子だったので)牛乳に切り替えることにしました。

しかし、コップやマグで出すと、嫌がってまったく飲んでくれず…。

仕方なく私は、哺乳瓶で牛乳をあげることにしました。

■なかなか哺乳瓶がやめられない長男に困り…!?

なかなか哺乳瓶がやめられない長男に困り…!?
そのせいか…1歳から、「牛乳を温めて、哺乳瓶に入れ、朝と寝る前に飲む」ということが長男の中で、習慣化してしまい、哺乳瓶で牛乳を飲まないと寝なくなってしまいました。

結局、「哺乳瓶で牛乳」は、2歳すぎても続き、

なかなか哺乳瓶がやめられなかった長男が、突然「やめる宣言」したわけとは!?【うちの家族、個性の塊です Vol.66】
さすがにまずいと思った私は、長男にストローで飲むことを提案しましたが…。

提案は却下されました
提案は却下されました。

困り果てた私は、保育園の保護者面談で、哺乳瓶のことを先生に相談しました。

「やってみます!」と言いました
先生は、何か思いついたようで、「やってみます!」と言いました。

それから、しばらく経った保育園のお迎えのときのこと…。
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
SAKURA
SAKURAをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
SAKURA
SAKURAの更新通知が届きます!
フォロー中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.