やさしいママのヒミツ

さまざまな分野で活躍する多忙なママたちに、「やさしいママ」でいるための秘訣を伺いました。子育てで心がけていることや、暮らしへのこだわり、欠かせない愛用アイテムもご紹介します。

特集へ戻る

前向きに力を抜くことが、子育ての秘訣 #07料理研究家 近藤幸子さん

[PR]


■リフォーム・家具選び・色使いで、すっきり見せる片付けを

上京してからずっと住んでいるというご自宅は、一昨年リフォーム。賃貸ながら10年以上住んだからこそ、理想を形にできたのだといいます。

片付けやすく、取り出しやすく、でも味気なくならないことを意識したというキッチンは、立つのが楽しくなる雰囲気。

片付けやすく、取り出しやすく、でも味気なくならないことを意識したというキッチンは、立つのが楽しくなる雰囲気。


「新しい家を思い通りに描くのではなく、すべてがわかったうえでのリフォームだったので、ストレスの種だった悩みをすべて解決できました」

前向きに力を抜くことが、子育ての秘訣 #07料理研究家 近藤幸子さん

家具職人のご友人に作ってもらったという、アイアンがアクセントになったキッチンの戸棚や食器棚、リビングにある棚は統一感があります。

「細々としたカトラリーや豆皿、パントリーを引き出し式の食器棚に集約することができたおかげで、日々のストレスが減りました。わたしは "片付け下手” なので、いかに労力なく片付けられるか、を考えました」

何がどこにあるかわかりやすく、あかりちゃんが一人で小皿とおやつを用意できる食器棚。

何がどこにあるかわかりやすく、あかりちゃんが一人で小皿とおやつを用意できる食器棚。


また、リビングとつながった子ども部屋も、見通しがよい分、色使いには気をつけているそう。

「椅子やピアノ、電気スタンドなど、できる限り赤色を選ぶようにしています。色に統一感がないと、すごく散らかって見えてしまいます」

前向きに力を抜くことが、子育ての秘訣 #07料理研究家 近藤幸子さん


■日々のストレスを減らす、合理的な道具選び

近藤さんは、自宅で教室を開催しているからこそ、使うものにはこだわりたいそう。自身のことを“合理主義”だと分析します。

「ただ “かわいい” だけで買うことはなく、ある程度ちゃんと使えるかどうかが、自分の判断基準になっています。ひとつで何役も使えるようなものが好きなので、鍋や皿も、仕事の割には持っていない方だと思います」

そんな近藤さんが愛用するのは、「クリステル」のステンレス鍋や「フィスラー」の圧力鍋、チタン製の中華鍋。

前向きに力を抜くことが、子育ての秘訣 #07料理研究家 近藤幸子さん

「大きくて重かったり、こまめな手入れが必要なものはストレスになってしまいます。私は、大は小を兼ねないと思っていて、なるべくコンパクトに済ませたいから、まな板や包丁、ヘラも小さいものを使っています。だから、洗ったり片付けするのもラク。

作り置きをする目的でなければ、4人家族でも20cmの鍋で間に合っています」

子どもたちも包むのを手伝ってくれるという餃子。ハンバーグは丸める時間がないときは、フライパンで焼いてから切ることもあるそう。

子どもたちも包むのを手伝ってくれるという餃子。ハンバーグは丸める時間がないときは、フライパンで焼いてから切ることもあるそう。  ©aya sunahara


「子どもが生まれてから購入した圧力鍋は18cmのもの。野菜を柔らかく煮るのも5分ほどでできるし、スープや蒸したり、毎日のように活躍しています。それから茹でものには中華鍋がおすすめで、ふきこぼれないし、口が広いから麺や青菜も入れやすくて便利です。チタン製は少し高いですが、絶対に錆びることがないし、軽くて熱伝導がよく、すぐ沸くから、一生モノだと思います

子どもと向き合おうと思うと、真剣に調理できる時間って20分くらいしかなくて、できることも限られてくる。10分、15分をなんとかして “5分” に短縮したいからこそ、ちょっとした工夫道具選びが重要で、それがきっと日々を変えてくれると思っています」

■日々使うものこそ、納得のいくものを

そんな近藤さんに体験していただいたのが、“肌と地球にやさしい” がコンセプトの「ヤシノミシリーズ」の洗剤。

前向きに力を抜くことが、子育ての秘訣 #07料理研究家 近藤幸子さん

右から:ヤシノミ洗たく洗剤、ヤシノミ柔軟剤、ヤシノミ洗剤。すべて無香料で、肌と地球にやさしい洗剤シリーズ。


「生徒さんも気にするし、教室に置くものはひとつひとつ、納得いくものにしたいなと思っています。

じつは長年サラヤさんのハンドソープや除菌スプレーを使用しているので、すでに信頼感もありました。植物性のものは油落ちが気になりますが、『ヤシノミ洗剤』は泡立ちも油落ちも思っていたよりもよくて、肌もカサカサになることが減りました。国産のもので手頃な価格なのもうれしいですね」

台所に立って、お手伝いをすることも多いという次女のあかりちゃんも、安心して使えます。

台所に立って、お手伝いをすることも多いという次女のあかりちゃんも、安心して使えます。


無香料、無着色。洗った後の排水が環境にやさしいのは、料理教室で洗剤をよく使うという近藤さんにもぴったり。 ヤシノミ洗剤 本体(ポンプ付き 500ml/400円)、詰め替え(480ml/270円)

無香料、無着色。洗った後の排水が環境にやさしいのは、料理教室で洗剤をよく使うという近藤さんにもぴったり。 ヤシノミ洗剤 本体(ポンプ付き 500ml/400円)、詰め替え(480ml/270円)


また、これまでは強い香りが苦手で、柔軟剤は使っていなかったという近藤さん。使ってみた感想は?

「いつも洗濯物は、洗面所に除湿機を置いて乾かしているので、臭いがきちんと取れるかどうかが気になって、いろいろな洗剤を試しているところでした。『ヤシノミ洗たく洗剤』でも洗ってみましたが臭いが気にならないので、しっかり洗えていると実感しています。

柔軟剤を使ってみたところ、シワのつき方が浅くなり、洗濯がラクになったようです。『ヤシノミ柔軟剤』は、柔軟剤にはめずらしく “無香料” なので、これなら使い続けられますね」

香りのない柔軟剤を嗅ごうとするあかりちゃん。繊維をなめらかにする柔軟剤は、使うことで肌への刺激も低減します。

香りのない柔軟剤を嗅ごうとするあかりちゃん。繊維をなめらかにする柔軟剤は、使うことで肌への刺激も低減します。


少ない量でも頑固な汚れをしっかり落とし、繊維に余計なものを残さず洗える「ヤシノミ洗たく洗剤」(本体420ml)と、ふんわりなめらかで、しっかり吸水してくれる「ヤシノミ柔軟剤」(380ml) 。※オープン価格

少ない量でも頑固な汚れをしっかり落とし、繊維に余計なものを残さず洗える「ヤシノミ洗たく洗剤」(本体420ml)と、ふんわりなめらかで、しっかり吸水してくれる「ヤシノミ柔軟剤」(380ml) 。※オープン価格



ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.