やさしいママのヒミツ

さまざまな分野で活躍する多忙なママたちに、「やさしいママ」でいるための秘訣を伺いました。子育てで心がけていることや、暮らしへのこだわり、欠かせない愛用アイテムもご紹介します。

特集へ戻る

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん

[PR]

今回の「やさしいママのヒミツ」は、ミュージシャンの坂本美雨さんらとともにイベントなどを行う、猫好きなら知る人ぞ知る「Cat’s ISSUE」の代表、太田メグさんです。3歳の息子さん(通称:セコム)と猫のコムタン(通称:コム)と暮らすママです。

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん
太田メグさん
息子さん:セコムくん(通称)(3歳)

「Cat’s ISSUE」代表、ディレクター。猫好きクリエイターとともに、猫への「偏愛」を発信するプロジェクト「Cat’s ISSUE」(キャッツ イシュー)で、展覧会や猫新聞『The Cat’s Whiskers』を出版したり、ポップアップストアでの商品販売や、さまざまな猫企画のプロデュースを行い、利益の一部は猫の保護活動に支援している。白いふわふわの猫コムタンの飼い主。息子とコムタンの日常を「#コムとセコム」としてインスタグラムに公開中。夫、息子、コムタンと都内で暮らす。
HP:https://cats-issue.com
Instagram:@megmilk5628

お子さんと猫と笑顔で過ごすため、忙しい日々の中で太田さんが心がけていることは? 猫愛とともに、たっぷりとお話を伺いました。

仕事と育児・家事の両立のために“諦めた”こと

それでは、早速太田さんの平日の平均的なスケジュールを見てみましょう。
7:30 :  起床。携帯をチェック。身支度をする

8:00 : 朝ごはん、保育園の準備

8:15 : 家族が起床

8:30 : コムタンと子どもの朝ごはん

9:15 : 旦那さん(もしくは私)が保育園へ送る

10:30 : 仕事場着

19:00 : 仕事場を出て、買い物をして、保育園へ向かう

20:00 : 保育園お迎え(朝の送りが私のときは、旦那さんがお迎え)

20:30 : 帰宅、すぐ大人の食事(子どもは保育園で済み)

21:00 : お風呂

21:30 : 子どもを寝かしつけ

22:30 : 洗濯、食器洗い、片付け、残りの仕事

25:00 : 就寝

アートディレクターやブランディングなど幅広く手がけ、忙しい日々を送る太田さん。

「仕事が増えているので、会社の人数も増やしていきたいのですが、すぐに分業できる仕事ではなくて。今はパートナーであるデザイナーと基本的に2人。契約で事務をしてくれる人がようやく最近入りましたが、現在は社長業、企画、プランニング、アートディレクションからグッズのデザインなど、ほぼすべてをやっています」

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん
「夫の仕事は飲食関係。最近は土日どちらか休めるようになって、一緒に出かけられるようになりましたが、平日も遅いので会わないことも多く、必然的に家事・育児はワンオペに。息子を出産するとき、既に『Cat’s ISSUE』をスタートしていましたが、ギャラリーも運営しつつ会社にも所属していたこともあり、産後5ヶ月で復帰しました。やむなく “ダブル延長” で20時まで見てもらえる保育園を探しましたが、そこでは夜ごはんも出していただけるので本当にありがたいです。

夫婦の時間が合わない中で、子育ても家事も完璧にこなすのはとても難しいです。特に料理は食材の管理から買い出しまで本当に大変なので、『夜ごはんは保育園に任せる』と決めたら、少し気が楽になりました。家族によっていろいろな形があるから、子どもが元気でちゃんと成長してくれれば、それがうちの正解でいいんじゃないかな、と思っています」

ギャラリー運営から広がった、「Cat’s ISSUE」の活動

2014年まで、渋谷で「SUNDAY ISSUE」というアートギャラリーを運営していた太田さん。

「ギャラリーには本棚があって、カフェもある。インプットとアウトプットの場、そして談笑できるスペース、その3つがその当時の私の生活の基本。6年ほど運営しましたが、その時に得たものが大きくて、すごく今につながっています。ママ友としても仲良くしているミュージシャンの坂本美雨さんとは、大学時代の友人が紹介してくれて出会いました。実は、コムタンを “吸い” に来たんです(笑)。猫に対しても人に対しても、こんなにもオープンに愛情を表現できる人がいるんだと、すごく影響を受けました。

私は美雨さんに出会うまで、動物愛護のことをそんなに知りませんでしたが、知ってからはみんなでなんとか応援できないかと思い、猫好きのアーティストに声をかけて、保護活動のための募金を集めたんです。それが『Cat’s ISSUE』の始まり。今は猫をモチーフにしたグッズを作ったり、いろいろなブランドとコラボレーションをしたり、ポップアップストアやイベント出店をしています。デザインや企画を通して、猫に対して恩返しをしたいという気持ちですね」

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん

「Cat’s ISSUE」で作ってきた手ぬぐいやTシャツ、メモ帳。

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん

ミュージシャンの大沢伸一さんの飼い猫をモチーフにした招き猫、猫のサングラス、コスメブランド「OSAJI」にグラフィック提供したスペシャルパッケージのコスメ。


「Cat’s ISSUE」で作るアイテムは “自分たちの欲しいもの”が多いといいます。

「自分たちのカルチャーや好きなものに近い “猫モチーフのアイテム” があまりなかったんです。私たちが作るものは、好きなアーティストに頼んでいるし、気に入っているから自分たちでも身につけて使いたい。採算度外視ですが、こだわりは譲れないですね。企業とのコラボレーションは、個人ではできない規模で展開できるのがありがたいです。最近、猫と一緒に暮らせるマンションのプロデュース企画も始まりました」

忙しいからこそ、過剰なくらいの愛情表現を

ますます忙しくなる中で、平日はほとんど子どもと過ごす時間がないという太田さんが、お子さんとの接し方で特に気をつけていることとは?

「できるだけ、その日に何があったのか話を聞くこと。そして、毎日『すごく会いたかった!』と抱きしめるようにしています。きっと嫌になる時がくると思うのですが、その時が来る限界までは、過剰なくらい愛情表現をしたいなと思います。以前、息子に『お母さんにお話がある』って言われて、ドキッとしたことがありました。そういう時ってちょっと “悲しいとき” なんですよね。だからちゃんと目を見て話を聞こうと思っています。

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん
また、『お父さんもお母さんも携帯電話ばっかり見てる』と言われたことも。だから土日はあまり携帯を見ないようにしたり、仕事が入っているときもワークショップなどのときは連れて行って、一緒に楽しんだり。これから小学生になるのに向かって、ちょっとずつでもどうやって大人が子どもに合わせていけるかを模索中です」

兄弟として暮らす、愛猫と息子

「Cat’s ISSUE」で多くのグッズのモチーフにもなっている、ファニーフェイスの愛猫コムタン。子猫のときに出会って、もう12年になるのだそう。

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん
「実家では拾った猫を飼っていたのですが、一人暮らしを始めてからパートナーが欲しいなと思って。その当時は、“犬猫の譲渡会” があるということをまだ知りませんでした。ブリーダーさんのところで、もらわれなかった猫の里親探しをしていたのを見て、『変な柄でちょっとかわいそうで可愛いな』と思って譲っていただきました。

出産時は6日間だけ病院にいたんですが、とても心細かったのもあって『6日間もコムちゃんと一緒にいないなんて!』と思ったら、子どもを産んだことよりも泣けてきて(笑)。自分にとって、コムタンは大きな存在だったんだなぁと改めて思いました」

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん

リフォームの際に作ってもらった、コムタン用の扉。手前のソファは、革張りの小型犬用ソファをコーデュロイに変えてもらった、コムタン用。


もともとは神経質な猫だったというコムタン。人懐っこく、いつもセコムくんと一緒にいる姿からは想像ができません。

「コムタンはその場が楽しそうだと、人と人の間に入りたがったり、くっつきたがるので、いつの間にか息子とくっついてテレビを見ていることも多いですね。でも人慣れするようになったのは、息子と一緒に暮らしてからなんです。息子が赤ちゃんの頃は、コムタンは遠くの方から見ているだけで近づかず、『なんだかよくわからない生き物がいるな』という感じでしたが、息子が泣いていると『大丈夫?』となぐさめに来てくれていました。

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん
でも、息子がだんだん歩けるようになってきたら、『一緒に楽しんでもいいのかな?』という感じで近づいてきて。今では、絵本の読み聞かせをしていると『自分も寝るか』とトコトコやってきて一緒に絵本を見ます。息子が絵を描いていたりすると、画用紙に乗ったり色鉛筆を転がしたり。息子は最初はそれを面白がっていたのですが『遊び方が違うから、一緒に遊べない!』ってなっていますね(笑)」

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん
息子の方は、最初は自分とコムタンの違いがわからなかったようです。私がコムタンを人として扱って話しかけているので“猫とはお話することができる” と思っていたと思うし、“お兄ちゃん” だと思っていたんです。

でもあるとき『どうしてコムちゃんにはお口があるのに、おしゃべりができないの?』とすごく不思議そうな顔で聞いてきて(笑)。生まれた頃から猫といたので、猫と人間の差がわかっていなかったんですが、ようやく『コムちゃんは猫だ』ってわかったようです。今では逆にごはんをあげたり毛布をかけたりと、お世話をしたがりますね」

二人が並んでごはんを食べる動画「#コムとセコム並んでモグモグ」は、インスタグラムでも大人気。まるで兄弟のようです。

楽しく生きる姿を見せることが、子どもの見本に #18「Cat’s ISSUE」代表 太田メグさん

お揃いのお皿でおやつを食べる、セコムくんとコムタン。


「おやつはふたり一緒に食べさせるようにしています。自分もコムタンも一緒なんだ、って思えると思うんですよね。そんな風にできるだけ人間と同じように扱うようにしています。最近は『コムタンはお話はできなくてもわかっているから、ちゃんと挨拶はしようね』と教えているところです」
次ページ :  愛猫との暮らしで学ぶ、家族との付き合い方 猫と暮… >>
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.