いぬねこ うちのこ。

愛すべき家族の一員である「いぬ・ねこ」たち。そんなモフモフと暮らすママたちの子育て話や「うちのこ」たちのベストショット、最新ペットアイテムや役立つ情報をお届けします。

特集へ戻る

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん

 

赤木真弓 ライター
赤木真弓

犬や猫と暮らしながら、子育てをしているファミリーをご紹介する「いぬねこ うちのこ。」。第10回目は、2歳の男の子と猫と暮らすパパ、鈴木賢一さんです。

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
あいさつの鼻チュッ。

少し大きな猫マイロと、息子の晴太くんの成長記録をインスタグラムに綴っている鈴木さん。パパがカメラを通して見つめる、2人が遊ぶ姿や寝顔の写真は微笑ましく、ファンも多いです。そんな鈴木さんにうちのこのベストショット、猫と暮らしながらする子育てについて、お話を伺いました。

鈴木賢一さん プロフィール
群馬県在住。デザイン会社経営。猫好きで登山が趣味。Instagramに息子と猫の成長記録を載せている。「コモドライフ」で連載中。
Instagram:@wise01
連載:「猫と息子の成長記録を撮り続けるパパコラム」
【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん

■愛すべき「うちのこ」たちをご紹介!

・晴太くん  2歳8ヶ月
・マイロくん 7歳11ヶ月

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
マイロとお話し中。

晴太は、新幹線と工事現場で働く車が大好きな、2歳8ヶ月の男の子。最近は会話が成立するようになり、たくさんのことをお話ししてくれて、僕たちを笑顔にさせてくれます。

マイロは7歳の雑種で、8.2キロの大きな猫です。今までに怒ったところをほとんど見たこともないくらい、おっとりとした、とても穏やかな猫です。


【パパに質問!】
1:愛猫たちとは、いつから一緒に暮らしていますか?

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
生後3ヶ月の晴太と。

晴太とマイロが初めて会ったのは、息子が産まれて1ヶ月ほどたった頃でした。最初マイロは、少し遠くから晴太の様子を見ていました。

しばらくの間マイロは、息子が泣いたりするのが怖いみたいで、僕が息子を抱っこしているときにだけ覗きにきてくれるくらいでした。でも晴太が叩いたり、尻尾をつかんだりしても、マイロは1度も怒ったりしたことはありませんでした(たまに甘噛みしますが)。

2人で遊ぶようになったのは、晴太が産まれて1年くらいたってから。僕がいなくても、マイロは晴太と一緒にいるようになりました。

【パパに質問!】
2:愛猫たちに「寂しい思いをさせている」と感じたことはありますか?

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
見守り保育。

やはり寂しい思いは、すごくさせていると思います。ある日、マイロがトイレではないところで粗相してしまったことがあり、僕が遊んでくれないのを抗議しているのだと思いました。

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
甘えん坊のマイロ。

そのことで、以前よりマイロとのふれあいが少なくなったことに気づきました。今まではいつも何も言わず僕たちのそばにいてくれたマイロも、晴太がいることにより僕たちに近寄りづらくなってしまっていて、とても寂しかったのだと思います。それ以降は自ら意識してマイロと接するようにしています。

【パパに質問!】
3:猫のお世話で、子どもにさせていることはありますか?

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
幼児の寝相の悪さにも動じないマイロ。

晴太が2歳になってから、マイロのご飯係に任命しました。僕と一緒にマイロのドライフードが入った袋から適量をすくいあげ、息子が「たくさん食べて」とお皿に出します。

食事のときには毎回「たくさん食べてね」と言ったり、僕たちが見ていないところで何か話しかけていることもあり、「何しているの?」と聞くと、「マイロとお話ししてるの」と言っていました。

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
お菓子をおすそわけ。

まったく怒らない猫ですが、やはり叩かれたり尻尾を引っ張られたりするのは痛いと思うので、そんな時は「自分もやられたら痛いでしょ、そんなことしてはダメだよ」と教えます。これはこれから大きくなり、友達ができてからもずっと同じことだと思うので、しっかりと教えました。

【パパに質問!】
4:猫と暮らすことで、お子さんたちにどんな影響があると思いますか?

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
外出先で小さい猫を見つけて笑顔。

初めて見る猫や犬を怖がらないで、やさしく接することもできるようになりました。最近マイロが調子悪く、ご飯を吐いてしまったことがあり、晴太も「マイロ大丈夫?」と心配していました。

その後、僕の膝の上で寝ているマイロを晴太がギュッっと抱きしめて、鼻にチュッとキスをして、体をよしよしと撫でているのを見て、弱いものをいたわるという気持ちがもうあるのだなぁと感心、感動しました。

【パパに質問!】
5:猫と暮らしながら子育てをすることのメリットは、ズバリ何でしょうか?

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
生後1歳3ヶ月の晴太と。マイロと同じくらいの大きさになってきました。

猫と一緒に子育てすることのメリットは、よく言われる「子どもがやさしく育つ」などがありますが、僕たち夫婦にとってもメリットがありました。

初めての育児は思っていたより大変なことばかりで、僕たちは仕事のこと育児のこと、実家や地元から遠いので頼れる人のいない不安と、ぶつけどころのないストレスでお互い毎日イライラしていました。

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
まんまるのマイロ。

そんなときマイロは、どんなときもそばにいてくれて、膝の上に乗ってきては僕の顔をペロペロ、いつも大きなお腹を出して寝転がっているので、僕たちをいつも笑顔にさせてくれるので、家族仲良く暮らすことができました。

息子はマイロと毎日一緒に生活して、動物にやさしく接することができるようになってきました。これから先マイロが旅立たなければならなくなったとき、彼にとってもすごく悲しくつらいことだと思います。動物と一緒に生活するとういうことは、良いことも悪いことも含め、僕たち親だけでは教えてあげられないことも沢山学べるのではないかなぁと思っています。

【パパに質問!】
猫と暮らしたい! と考えているパパ・ママさんに伝えたいこと

【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
添い寝。

僕はインスタグラムやっていますが、世界中には同じくらいの子どもや、猫と暮らす人が本当にたくさんいました。みんな楽しそうに子育てしているのを見て励みになりますし、いろいろな方たちからたくさんのメッセージをいただいたりします。

僕たちが子どもの頃は、知らない方たちからメッセージをもらうなんてありえなかったので、こういうコミュニケーションの取り方も、今の子育てのうちのひとつだと考えると、たくさんの人たちと繋がれるこの時代の子育ては、とても嬉しいことだなぁと感じます。

▼愛すべき「うちのこ」たちに伝えたい! パパ・ママからのメッセージ
【いぬねこ うちのこ。】晴太くん(2歳)と猫のマイロ/鈴木賢一さん
「二人とも本当にありがとう。

君たちのおかげで、僕たち家族は、毎日笑顔でいられます」

パパとママより



鈴木賢一さん、ありがとうございました!


記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.