やさしいママのヒミツ

さまざまな分野で活躍する多忙なママたちに、「やさしいママ」でいるための秘訣を伺いました。子育てで心がけていることや、暮らしへのこだわり、欠かせない愛用アイテムもご紹介します。

特集へ戻る

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今

[PR]


リバークルーズ、ナイトハイクで出会ったもの

その後もキナバタンガン川をクルーズしたり、ナイトハイクを通して、自然や動植物と触れ合った。「虫」たちがびっくりするような大きさだったり、見たことのない花や生き物がいたり、沖縄と似ているようで、やっぱり違う。

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今
キナバタンガン川をクルーズ中、シルバーリーフモンキーやサイチョウ、ワニなどとも出会う。ここでみた夕景は美しかった。

ナイトハイクで夜のぬかるんだ森を40~50分歩いて出会ったのが、1年でたった一夜だけ咲き、夜明けとともに散ってしまう1輪の「サガリバナ」。その美しさにちょっとホッとしたのは僕だけだっただろうか。そう、サガリバナは梅雨明け頃から夏にかけての沖縄の風物詩でもある。

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今
写真左:一夜だけ咲くという「サガリバナ」。写真右:ナイトハイクでは素晴らしいボルネオの星空を堪能。

広大なプランテーション、動物たちとの共存へ

ヤシノミ洗剤の原材料として「パーム油」を使うサラヤは、プランテーションによって失われた熱帯雨林の森を買い戻し、分断された森と森をつなぐ「緑の回廊」プロジェクトや、「命の吊り橋」プロジェクト、オランウータンやゾウなど「野生動物の救出」プロジェクトなどを行なっている。

僕らが使っているヤシノミ洗剤の売上の1%は、マレーシア・サバ州政府公認の国際NGO「ボルネオ保全トラスト」(BCT)を通じて、こういった野生動植物の保護と生息域の確保に使われているという。

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今
熱帯雨林だった土地を買い戻し、分断された緑(保護地)をつなぐことで「緑の回廊」を回復させるプロジェクトも今年で11年目を迎える。
「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今
アブラヤシ農園の拡大によって森は小さく分断されてしまう。オランウータンを絶滅の危機から救うべく、分断された森と森をつなぐ「命の吊り橋」プロジェクトがスタート。吊り橋は、サラヤ本社のある大阪・東住吉区の消防署から提供された「廃棄消防ホース」を再利用して作られている。

実際に訪れたアブラヤシのプランテーションは広大で、ヘリコプターに乗り上空から眺めても、途方もない広さだということがわかる。川沿いに、少しばかりのジャングルを残して。

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今
規則正しく並ぶ広大なアブラヤシ農園と残されたジャングル。上空から見る眺めに複雑な思いがよぎる。

その地に降り立ってみるとアブラヤシの大きさがわかる。長い鍬のような道具を使って、器用に20mにもなる樹上の果実のついた房を落とす。どさっと40~50kgにもなるという房が落ちてきて、そこから果実をとって油を精製するのだ。

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今
遠くマレーシアで手にしたこのアブラヤシが、沖縄にいる僕たちの暮らしにつながっているというのは、なんだか不思議な感覚。

これまでプランテーションのなかにはゾウなどの動物が立ち入ることはできなかったのだが、今回の旅では、ゾウのために畑の一部を開放するという新しい取り組みをしているプランテーションを訪れた。

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今
熱帯雨林と同じようにはいかないだろうが、プランテーションが動物たちの暮らしの場の一部になって、人と動物たちがより良い環境で共存できる日が、いつか訪れるのだろうか。

人の営みと、動物の営み。繋がり、自然を守ること

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今
今回の旅では、沖縄とは違う自然の力を感じ、日頃出会うことのない動物たちの営みを見た。暮らしと環境、そして地球はつながっている。そんなことを強く感じた旅だった。

未来を生きる子どもたちのために、動物たちの営みのために、僕たちにできることはなんだろう。ちいさな台所から始まった旅は、地球に思いを馳せる壮大な旅になった。

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今
野生動物と自然を満喫できるボルネオだが、コタキナバルの街には海辺のリゾートや子連れで楽しめる施設もあり、世界中から観光客が訪れている。

飛行機や電車を乗り継いで帰宅して、ただいま、と玄関を開ける。しばらくぶりに会う子どもたちが「おかえりー」と駆け寄ってくる。

抱きしめて、コーディネーターさんからもらったぬいぐるみをお土産に渡すと「テングザルだ!」と言って、大喜びしていた。あれ、なんで名前を知っているんだろう? そうだ、こないだ一緒に本で読んだんだね。

子どもたちの未来のために
“人と地球にやさしい”ヤシノミ生活を

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今
ヤシノミシリーズはヤシノミ由来の植物性。洗った後の排水もすべて微生物によって分解され、すばやく地球にかえります。洗っても、洗っても、安心。今日の汚れをあしたの未来に残さない。そんな “人と地球にやさしい” ヤシノミ生活をはじめてみませんか。

【売上1%で、ボルネオ環境保全を支援】「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今ヤシノミシリーズの売上1%はマレーシア・サバ州政府公認の国際NGO「ボルネオ保全トラスト」を通じて野生動植物の保護と生息域の確保に使われています。

また、サラヤの製品は、違法労働や違法伐採によって作られた植物油を使用せず、環境と人権に配慮して生産されたRSPO認証植物油が使われています。
無香料、無添加のヤシノミシリーズを見る
★ヤシノミシリーズはロハコamazonでお買い求めいただけます。

「子どもの未来につながる選択を」二児のパパが旅したパーム油の産地・ボルネオの今「やさしいママのヒミツ」ほかのインタビューも見る

写真:竹谷健太朗、柏倉陽介(サガリバナのみ)
写真・取材:セソコマサユキ
[PR]サラヤ株式会社

読者アンケートにご協力ください (全6問)

Q1. 香料や着色料などは一切無添加、サラヤの「ヤシノミシリーズ」をご存じでしたか? (必須)

Q2. 「ヤシノミ洗剤」(食器用)を購入したことがありますか? (必須)

Q3. 「ヤシノミ洗たく洗剤」または「ヤシノミ柔軟剤」を購入したことがありますか? (必須)

Q4. 無香料や無添加、環境にやさしい洗剤への関心について (必須)

Q5. ヤシノミシリーズの売上の1%は、ボルネオ保全トラスト(BCT)に還元。商品を購入することで、ボルネオの環境保全に参加できる仕組みです。このことをご存じでしたか? (必須)

Q6. 「やさしいママのヒミツ」、サラヤの「ヤシノミシリーズ」についてご意見・ご感想をお聞かせください[自由回答] (最大255文字)

送信中… 回答の送信に失敗しました. 必須項目を入力してください.
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.