わが家の食材宅配ストーリー

安心・安全な食材を、わが子に食べさせたい。そんな願いを叶えたママたちの食材選びストーリーをご紹介。生産者の顔が見える、安心・安全な食材宅配『生活クラブ』を選んだママたちに、その魅力と子育てライフについて伺いました。

特集へ戻る

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」

[PR]

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
子育てが始まったことで、食の大切さについて改めて考え始めた人は多いかもしれません。安心・安全を考えながら、家族の心と体を支えたい。けれど、子育ては想像以上に時間との戦いでもあります。できれば手軽に、手間をかけずに、そう思うのは自然なことです。

今回お話を伺ったのは、長女の誕生をきっかけに安心・安全な食材宅配「生活クラブ」を始めたという山形ゆりかさんです。

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
山形ゆりかさん 
長女(9歳)、次女(8歳)、三女(生後3ヶ月)と夫、4匹の猫と暮らす。子どものためのものづくりブランド「サリークシー」としてぬいぐるみや服飾小物などを手がける作家活動も。 インスタグラム:@sariikusii

山形さんの長女が10歳を迎える今年は、生活クラブ歴もちょうど10年。子育ての歩みとともにある生活クラブが、今や家族にとって欠かせない存在となっています。子育てに二人三脚で寄り添ってきた生活クラブの魅力をたっぷり教えていただきました。

初めての妊娠と東日本大震災が、生活クラブへの第一歩

山形さんが生活クラブと出会ったのは、長女の誕生と東日本大震災がきっかけでした。

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
「震災当時、長女は生後一か月と産まれてまだ間もない頃。私たちに大きな被害はありませんでしたが、それでも食材の安全性についてあちこちで意見が交わされていた時期です。それに出産後、子どもと接することで “体って食べ物でできているんだ” と感じるようになりました。やっぱり信頼できる食材を家族に食べてもらいたいと、生活クラブの加入を決めました」(山形さん)

いくつかの食材宅配を比較して選んだのが生活クラブ。最初のころは、ほかの生協と同時利用していたそうですが、次第に生活クラブ一本に絞ることに。決め手となったのはこだわりの消費材(※)、そして細やかな放射能検査添加物や遺伝子組み換えなどへの配慮でした。

※生活クラブでは、取り扱う品物を「商品」ではなく、使う人の立場にたった材であるという思いを込めて「消費材」と呼んでいます


震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
調味料のほとんどは生活クラブで。「調味料のおいしさは、生活クラブを続けている理由のひとつ。手頃な値段なのに素材はもちろん、製法にもこだわってつくられているので安心です」

「生活クラブの消費材は、豚肉や調味料をはじめ『ここでしか買えない』というものが多いですよね。当時、小さな子どもを育てるうえで敏感になっていた放射能検査も、きちんと数字で見える検査結果があるおかげで、やみくもに買い控えたり必要以上に怖がったりすることなく、正しく知ることができました」(山形さん)

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
放射能や遺伝子組み換え問題、トレーサビリティの考え。山形さんの口からは、食への関心の高さがうかがえるキーワードが次々に飛び出します。とても詳しいことに驚いていたら、こんな言葉がかえってきました。

「とんでもない! もともと夫婦2人暮らしのころは、安さや手軽さばかりを重視していました。遺伝子組み換えの問題や、牛や豚の餌にまでさかのぼって意識するなんて、考えたこともなかったんです。すべて、生活クラブのカタログや会報などのおかげ。『そこまで考えるべきだったのか!』と知ることも多く、生活クラブに教え、育ててもらったようなものです」(山形さん)

三女の妊娠とコロナ禍の一年

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
昨年12月、山形家には3人目の女の子が仲間入りしました。しかし、その妊娠・出産は、まさにコロナ禍との共存でもあったといいます。

「買い物に行くのも怖かったので、自宅にいながら子どもや妊婦も安心して食べられる食材を届けてもらえることが、とてもありがたかったです」(山形さん)

「それに、3人目だからと動き回っていたら、妊娠中に絶対安静を言い渡されてしまい…、自宅で完全に寝たきりの時期もありましたが、上の子どもたちが自分でレンジにかけて食べられるレトルト品などにもたくさんお世話になりました。生活クラブの消費材ならおいしいうえに安心して食べてもらえます。栄養面でも、罪悪感を覚えずに済んだという意味でも、ほんとうに救われました」(山形さん)

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
ローリングストックしている缶詰類。「コロナ禍で品薄が続いていた時期も、生活クラブは変わらず配達を続けてもらえました」
震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
お湯を注ぐだけで完成する「ノンカップ麺」。「子どもたちが大好きなしょうゆ味をよく購入します。化学調味料不使用、国産ねぎ利用。『手抜きかな?』という罪悪感の少ないラーメンです」
震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
コロナ禍で一層増えた手洗いの機会。「子どもたちは肌が弱く、ハンドソープもしみることがあったのですが、生活クラブのハンドソープは肌にあうようです」

忙しい日々を支える、半調理と作り置き

「食は、家族の体をつくるものだから」と話す山形さんですが、そうはいっても3人の子育て真っ最中。食事だけに時間をかけられるわけではありません。そこで活躍しているのが、消費材を使った半調理作り置きです。

「食事で一番大切にしたいのは、家族みんなで揃って食べること。みんなで食べれば、少しくらい手抜きだって大丈夫。イライラしながら手をかけて作ったごはんより、みんなでニコニコ食べるお惣菜やレトルトのほうがいいですよね。消費材の冷凍食品や半調理品は、罪悪感なくおいしく食べられるものが揃っているので、とても助かっています」(山形さん)

そんな山形さんの定番アイデアと、家族のお気に入りを教えていただきました。

▼一晩つけるだけ、手軽に極上の「水だし」が完成

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
「煮干しと昆布を入れて冷蔵庫で一晩。火を使わずに手軽においしいだしがとれます。生活クラブの煮干しは大きくて立派なので、濃くうまみたっぷりのだしに。常にストックしています」

▼時短なのにおいしい「スクリューマカロニ」

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
「茹で時間が4分と短いうえに、うっかり茹で過ぎてしまっても食べ応えがしっかりとしていておいしいです。

写真は、みじん切りをしたミニトマト、マッシュルームやズッキーニなどの好みの野菜を炒め合わせ、茹でたスクリューマカロニと和えた簡単パスタ。先にトマトに塩をふり少し置き、出てきた水分でしっとりと炒めるのがポイントで、最後に塩で味を整えます。デポー(※東京、神奈川、埼玉、千葉で展開する生活クラブの店舗)もときどき利用していて、そこで試食して教えてもらったレシピです」

▼信州こんにゃくと平田牧場のひき肉で作る「そぼろ」

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
「こんにゃくはフードプロセッサーで粗びきにし、豚ひき肉と炒め合わせて、酒、みりん、自家製醤油麹で味つけ。ケチャップやカレーなど味つけに変化を加えることも。こんにゃくはあく抜き不要。食感がプリプリしていてとてもおいしいんです」

▼レトルトや簡便食も生活クラブだから罪悪感なし

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
ご飯をつくる元気がないときも、無理せずレトルトやインスタント麺を活用。お湯を注いで3分で完成する「ノンカップ麺 しょうゆ味」に、野菜やゆで卵、作り置きしておいたローストポークなどを添えれば、目にもお腹にも大満足の一品に。

「平田牧場の豚バラブロックは、煮豚やローストポークにしておけば、そのまま食べるだけでなくサンドイッチにしたり、チャーハンに使ったりと活用もしやすくて便利。なによりもおいしい! 初めて食べたときは、脂がおいしいってこういうことかと感動しました」(山形さん)

▼素朴でおいしいおやつ「国産六穀クラッカー」

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
「子どもたちがお気に入りのおやつは、どれも素材がシンプル。国産六穀クラッカーは小さい頃からよく食べていたお気に入り。香ばしくて大人も大好きな味です。お友だちと遊ぶ日は違ったものを持たせることもありますし、絶対にこれと決めているわけではありませんが、今も変わらずおいしいと食べているのを見ると、小さい頃からの味覚は大きくなってもつながっているのだなと実感します」(山形さん)

食べることは、命をつくること。10年続いている、その理由

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
毎日の暮らしのなかに生活クラブが自然と溶け込み、日常の一部となっている山形さん。振り返って10年。ずっと変わらず続けている一番の理由はなんでしょうか。

“食べることは、命をつくること”だと思うからです。安さだけを求めれば、ほかでもいいかもしれませんし、食費ももっと抑えられます。でも、うちでは安心・安全な食事はなによりも大切なこと。それを無理なく続けられる形でサポートしてくれるのが、生活クラブだと思います」(山形さん)

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
食も暮らしもがんばりすぎず、肩の力を抜いて。そう考える山形家では、家事も分担しています。食器洗いと猫のトイレ掃除がお姉さん2人の役割。「そのかわり、失敗があっても怒らないと決めています」

「生鮮食品だけでなく加工食品も、作っている人たちの存在を感じられるところも好きな理由です。自宅に宅配してもらいながら、生産者さんたちと“つながっている”と感じられるのはうれしいことです。作る人と食べる人、両方があって成り立っているんですね」(山形さん)

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
子どもが寝静まったあとの夜時間が、大切な自分のためのひととき。心を込めて針を進めながら、ぬいぐるみを完成させていきます。

食は大切ですが、でもそればかりを考えて暮らすわけにはいきません。自分たちにとって無理なく、続けられること。それは家庭における、食のサステナブルの小さな一歩かもしれません。

家事も子育ても、そして毎日のごはん作りも。頑張りすぎず、でも愛情はたっぷりとかけながら。なにより大切なのは、心と体の健やかさ。「これからも生活クラブに、たくさん支えてもらうつもりです」と話してくれました。

※ここで紹介した品物は地域によって取り扱いのない場合があります。


生活クラブの消費材を無料で試せる!
プレゼントキャンペーン実施中

震災時に長女を、コロナ禍で三女を出産。どんなときも家族を支えてくれた「安心・安全な食材宅配」
生活クラブをきっかけに食への安心感を得て、暮らしも心もさらに豊かになった山形さん。みなさんもぜひ、実際に食べてそのおいしさ・良さを感じてみませんか? いまなら、資料請求で人気消費材を無料体験できるキャンペーンを実施中です。数量限定なので、この機会をお見逃しなく。

無料で「生活クラブ」のおいしいサンプルが試せる!
キャンペーンの詳細はコチラ(2021/8/31まで)

※地域・時期によってキャンペーン内容が変わります。
※生活クラブの配送を行なっていない地域のご住所にはお届けできません。
※プレゼントの試供品お届けの際に生活クラブの説明をさせていただきます。



▼生活クラブでは、安心・安全を追求した独自基準により「食の安全性」を保っています。

【左図】国が使用と認めた食品添加物820品目のうち、「生活クラブ」が許容している食品添加物は86品目。 【右図】残留農薬は国の基準の1/10未満を目標とするなど独自の厳しい農薬基準を設けている。(2019年6月6日現在)

【左図】国が使用と認めた食品添加物820品目のうち、「生活クラブ」が許容している食品添加物は86品目。 【右図】残留農薬は国の基準の1/10未満を目標とするなど独自の厳しい農薬基準を設けている。(2019年6月6日現在)


詳しくはこちら >>

取材/文:藤沢あかり
撮影:山形ゆりか
[PR]生活クラブ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.