2014年12月29日 18:00|ウーマンエキサイト

永遠の課題、彼の実家初訪問でのやり取りはこう乗り切れ!

ライター
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
20代後半ともなると、一般的には結婚適齢期。この年代に差し掛かる特有の課題とも言えるのが、女性の場合は彼のご両親、特に母親とのコミュニケーションですよね。「この娘がうちの息子の嫁にふさわしいかどうか見極めてやる」との魂胆を秘めた先方に対して、どう接するのが良いのでしょうか? 

永遠の課題、彼の実家初訪問でのやり取りはこう乗り切れ!
●相手の出方をうかがってみよう! 子離れできている母親なら、きっとわが子が彼女を連れてくる場合、ある程度好意的に迎えてくれることでしょう。こういった場合は大体初対面の際にしっかり笑顔で下の名前を聞き、以降その名前で呼んでくれるはずです。きっと「いつも息子がお世話になってます」などのねぎらいと感謝の言葉もあるはずなので、仲良くなることは簡単です。

反対に下の名前を聞いておきながら苗字で呼ぶ場合は、心の底から歓迎しているわけではないと思っておくべき。こういう冷たい反応をされた場合、やられっぱなしでは相手のペースに飲まれてしまいます。事態を打開するために動くことにしましょう。

の更新通知を受けよう!
確認中
の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
の更新通知が届きます!
フォロー中
の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.